トヨタ、国内主力2工場で停止延長 上海封鎖で10日間 – 日本経済新聞

トヨタ、国内主力2工場で停止延長 上海封鎖で10日間 – 日本経済新聞

トヨタ自動車は22日、国内2工場4ラインについて、7月中に追加で10日間止めると発表した。7月の世界生産台数を年初に取引先に伝えた計画より5万台 …

トヨタ、国内主力2工場で停止延長 上海封鎖で10日間
トヨタ自動車は22日、国内2工場4ラインについて、7月中に追加で10日間止めると発表した。7月の世界生産台数を年初に取引先に伝えた計画より5万台引き下げ、80万台程度にする。国内は約25万台、海外は約55万台を生産する見込み。中国・上海の都市封鎖(ロックダウン)で部品の供給が遅れている。2023年3月期通期の見通しは9...

トヨタ、7月に追加減産 世界生産5万台下振れ – 時事通信

トヨタ、7月に追加減産 世界生産5万台下振れ … 中国・上海の仕入れ先で新型コロナウイルス感染者が発生し、出勤率が下がって部品生産が滞っていることが理由。

トヨタ、7月に追加減産 世界生産5万台下振れ:時事ドットコム
トヨタ自動車は22日、国内の2工場4生産ラインで7月に追加減産を行うと発表した。約1万台の生産に影響が出る見込み。既に決定した国内外の減産分も加えると、7月の世界生産台数は年初計画より約5万台少ない約80万台に減少する。内訳は国内約25万台、海外約55万台。

なぜトヨタよりも利益が出るのか!? 「テスラ最強伝説」のワケを探る! – ベストカー

トヨタ自動車幹部のひとりはテスラの経営スコアに舌を巻いた。 ところが、絶好調であるはずのテスラ、足下ではこのところ急激な株価の下落に見舞われている。5月 …

なぜトヨタよりも利益が出るのか!? 「テスラ最強伝説」のワケを探る! - 自動車情報誌「ベストカー」
テスラの業績が依然として絶好調だ。新型コロナの感染拡大にもかかわらず、販売台数は7割増で過去最多の約31万台となっているという。あのトヨタをはるかに上回る利益率の高さには舌を巻かされる。テスラの強さの秘訣はどこにあるのだろうか?

神奈川トヨタ、棚田保存活動が産官学連携へ|首都圏 – 日刊自動車新聞 電子版

【横浜】神奈川トヨタ(市川英治社長)が足柄上郡大井町で取り組む棚田保存の活動が、産官学連携の活動へと広がりを見せている。高尾棚田保存会(藤澤憲吾 …

神奈川トヨタ、棚田保存活動が産官学連携へ|首都圏|首都圏
【横浜】神奈川トヨタ(市川英治社長)が足柄上郡大井町で取り組む棚田保存の活動が、産官学連携の活動へと広がりを見せている。高尾棚田保存会(藤澤憲吾代表)が運営する酒米の棚田で、同社社員と役場職員、神奈…

7月 生産計画について | コーポレート | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業 …

新型コロナウイルス感染拡大等に伴う部品供給不足による生産計画の度重なる見直しにより、お待ちいただいているお客様や、仕入先及び関係の皆さまにはご …

7月 生産計画について | コーポレート | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト
新型コロナウイルス感染拡大等に伴う部品供給不足による生産計画の度重なる見直しにより、お待ちいただいているお客様や、仕入先及び関係の皆さまにはご迷惑、ご不便をおかけし、改めて心からお詫び申し上げます。7月グローバル生産台数は、80万台程度を見込んでおります(国内約25万台、海外約55万台)。年初に仕入先にお伝えした台数か...

トヨタ自動車の2工場4ラインで稼働停止延長を発表 中国の新型コロナ感染拡大が影響

トヨタ自動車は、中国の仕入れ先で新型コロナの感染者が出た影響が長引き、愛知県の2工場4ラインで稼働の停止を延長すると発表しました。 稼働の停止を延長 …

トヨタ自動車の2工場4ラインで稼働停止延長を発表 中国の新型コロナ感染拡大が影響(メ〜テレ(名古屋テレビ)) - Yahoo!ニュース
 トヨタ自動車は、中国の仕入れ先で新型コロナの感染者が出た影響が長引き、愛知県の2工場4ラインで稼働の停止を延長すると発表しました。  稼働の停止を延長するのは、「ハリアー」や「ノア」などを生産

トヨタ「アルファード」爆売れ中! 登場7年もまさかの台数倍増!? 理由は「エスティマ」「ヴェル …

トヨタ「アルファード」が売れています。2015年のデビュー時に対し販売台数も倍増中! その理由を探ります。

トヨタ「アルファード」爆売れ中! 登場7年もまさかの台数倍増!? 理由は「エスティマ」「ヴェルファイア」のおかげ?
トヨタ「アルファード」が売れています。2015年のデビュー時に対し販売台数も倍増中! その理由を探ります。

急速なEVシフトを読み直す、VWやトヨタなどの戦略にみる10年後とは

トヨタ自動車とSUBARU(スバル)が共同で開発したEV、「bZ4X」と「ソルテラ」を2022年5月から販売開始したことを皮切りに、6月には日産自動車と三菱自動車が、軽 …

急速なEVシフトを読み直す、VWやトヨタなどの戦略にみる10年後とは
 日本の自動車メーカーから、続々と新型電気自動車が登場し、市場がにぎやかになってきた。中でも、日産自動車が6月に発売した軽EVの「サクラ」は、発表から3週間程度で1万1000台超の受注を獲得し好調だ。今後、世界の自動車メーカーのEV戦略はどう動いていくのか。各社が描くロードマップを読み直してみる。

トヨタ取り巻く主要論点 株主質疑【前編】

6月15日、愛知県豊田市の本社で開かれたトヨタ自動車の株主総会。2時間に及ぶ議事のうち、1時間半を割いたのが質疑であり、足元の課題から未来に向けた取り組み …

特集|トヨタ取り巻く主要論点 株主質疑【前編】|トヨタイムズ
1時間半に及んだ質疑応答。地元からグローバルまで、過去から未来までテーマは多岐にわたった。前編ではトヨタを取り巻く6つのトピックをピックアップ。 #トヨタイムズ

7月に国内工場で新たな稼働停止 「ノア」「ヴォクシー」「ハリアー」「RAV4」生産ラインで10日 …

トヨタ自動車は6月22日、7月に国内全14工場28ライン中、2工場4ラインで新たに10稼働日の稼働停止を実施すると発表した。7月については、すでに国内で稼働 …

トヨタ、7月に国内工場で新たな稼働停止 「ノア」「ヴォクシー」「ハリアー」「RAV4」生産ラインで10日稼働停止
 トヨタ自動車は6月22日、7月に国内全14工場28ライン中、2工場4ラインで新たに10稼働日の稼働停止を実施すると発表した。7月については、すでに国内で稼働停止する工場を公表しているが、一部仕入先でのコロナウイルス感染者発生による出勤率低下の影響が続いており、一部工場/ラインで稼働停止期間を延長することを決定した。
タイトルとURLをコピーしました