ホンダ新型「シビック」2040年イメージが7月に世界初公開!? 記念イベントで明らか に? 歴代 …

ホンダ新型「シビック」2040年イメージが7月に世界初公開!? 記念イベントで明らかに? 歴代 …

今年2022年で発売開始50周年を迎えるホンダ「シビック」。これを記念し、ホンダでは7月からさまざまな企画やイベントがおこなわれます。

ホンダ新型「シビック」2040年イメージが7月に世界初公開!? 記念イベントで明らかに? 歴代シビック実車展示も
今年2022年で発売開始50周年を迎えるホンダ「シビック」。これを記念し、ホンダでは7月からさまざまな企画やイベントがおこなわれます。

ホンダ新型「シビック」2040年イメージが7月に世界初公開!? 記念イベントで明らかに? 歴代 …

ホンダは、2022年で発売開始から50周年を迎える「シビック」をテーマに、さまざまな企画や記念イベントを実施することを6月21日に明らかにしました。

ホンダ新型「シビック」2040年イメージが7月に世界初公開!? 記念イベントで明らかに? 歴代シビック実車展示も(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 ホンダは、2022年で発売開始から50周年を迎える「シビック」をテーマに、さまざまな企画や記念イベントを実施することを6月21日に明らかにしました。

ホンダ CR-V 新型、7月12日米国発表へ…インテリアの写真を先行公開 | レスポンス(Response.jp)

ホンダ(Honda)の米国部門は6月22日、新型『CR-V』を7月12日に初公開すると発表した。同時に、インテリアの写真を公開している。

ホンダ CR-V 新型、7月12日米国発表へ…インテリアの写真を先行公開 | レスポンス(Response.jp)
ホンダ(Honda)の米国部門は6月22日、新型『CR-V』を7月12日に初公開すると発表した。同時に、インテリアの写真を公開している。

【MotoGP】アレックス・リンス、来季はLCRホンダへ加入!? 2023年向けライダー市場耳寄り情報

なおリンスのLCRホンダ加入に関しては、サテライトチームのライダーラインアップに影響力を持つホンダの意向に大きく依存しており、金銭的な要素も重要になって …

【MotoGP】アレックス・リンス、来季はLCRホンダへ加入!? 2023年向けライダー市場耳寄り情報(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 MotoGP2022年シーズン限りでスズキが撤退を検討していることにより、アレックス・リンスとジョアン・ミルは2023年のシートを探す必要に駆られている。そして、motorsport.comの調べ

ホンダがコンパクトミニバン「フリード」を一部改良 特別仕様車「ブラックスタイル」も登場

本田技研工業は2022年6月23日、コンパクトミニバン「フリード」および同車の2列5人乗り仕様である「フリード+」に、一部改良を実施。

ホンダがコンパクトミニバン「フリード」を一部改良 特別仕様車「ブラックスタイル」も登場 【ニュース】 - webCG
本田技研工業は2022年6月23日、コンパクトミニバン「フリード」および同車の2列5人乗り仕様である「フリード+」に、一部改良を実施。同時に特別仕様車「ブラックスタイル」を設定し、ともに同年6月24日に発売すると発表した。

ホンダ、「フリード」「フリード+」装備など一部改良 上質な特別仕様車「ブラックスタイル」追加

本田技研工業は、コンパクトミニバン「FREED(フリード)」「FREED+(フリード プラス)」の装備の見直しなど、一部改良を行ない6月24日に発売する(Modulo …

ホンダ、「フリード」「フリード+」装備など一部改良 上質な特別仕様車「ブラックスタイル」追加
 本田技研工業は、コンパクトミニバン「FREED(フリード)」「FREED+(フリード プラス)」の装備の見直しなど、一部改良を行ない6月24日に発売する(Modulo Xは7月14日発売)。価格はフリードが227万5900円~327万8000円、フリード+が236万9400円~308万4400円。

ホンダ株主総会 水素エンジン車の開発を否定 三部社長「EVとFCVが主力に」 – 産経ニュース

ホンダは22日、東京都内で定時株主総会を開いた。4月に発表した2030年までに電気自動車(EV)30車種を世界で発売するという四輪の電動化戦略 …

ホンダ株主総会 水素エンジン車の開発を否定 三部社長「EVとFCVが主力に」
ホンダは22日、東京都内で定時株主総会を開いた。4月に発表した2030年までに電気自動車(EV)30車種を世界で発売するという四輪の電動化戦略について説明した…

ホンダ「Dio110」に新色登場! カラーバリエーションを変更し2022年7月28日に発売

ホンダ「Dio110」2022年モデルの特徴. 画像: Honda Dio110 総排気量:109cc エンジン形式:空冷4ストOHC2. Honda Dio110.

ホンダ「Dio110」に新色登場! カラーバリエーションを変更し2022年7月28日に発売 - webオートバイ
2022年6月23日、ホンダは原付二種スクーター「Dio110」の新色を発表した。継続色と合わせ、2022年モデルのカラー設定は4色となる。

ホンダ CR-V 新型、7月12日米国発表へ…SUV – 価格.com

ホンダ(Honda)の米国部門は6月22日、SUVの新型『CR-V』を7月12日に初公開すると発表した。同時に、インテリアの写真を公開している。新型CR-Vには、タフで …

価格.com - ホンダ CR-V 新型、7月12日米国発表へ…SUV
ホンダ(Honda)の米国部門は6月22日、SUVの新型『CR-V』を7月12日に初公開すると発表した。同時に、インテリアの写真を公開している。新型CR-Vには、タフでありながら洗練されたデザインを採用し、ユーティリティの向上も図る。より...

ホンダなど二輪4社、車種1割廃止 環境規制でEV化急ぐ – 日本経済新聞

ホンダやヤマハ発動機など二輪車大手が国内の車種を2022年末までに1割削減する。計約190車種のうち20車種前後を廃止する。欧州並みの厳しい排ガス規制が11月 …

ホンダなど二輪4社、車種1割廃止 環境規制でEV化急ぐ
ホンダやヤマハ発動機など二輪車大手が国内の車種を2022年末までに1割削減する。計約190車種のうち20車種前後を廃止する。欧州並みの厳しい排ガス規制が11月から既存車種にも適用されるため人気モデルも含めて販売を打ち切る。ホンダは40年代半ばに全車種を電動車などに転換し、ヤマハ発も50年には新車の90%を電動車にする。...
タイトルとURLをコピーしました