ノリス、”踏んだり蹴ったり”のF1カナダGPに意気消沈「アイスでも食べて、もう 家に帰るよ……」

ノリス、”踏んだり蹴ったり”のF1カナダGPに意気消沈「アイスでも食べて、もう家に帰るよ……」

マクラーレンのランド・ノリスは、F1カナダGPでの15位という結果、そしてマシンの”真のペース”に肩を落としている。

ノリス、”踏んだり蹴ったり”のF1カナダGPに意気消沈「アイスでも食べて、もう家に帰るよ……」
マクラーレンのランド・ノリスは、F1カナダGPでの15位という結果、そしてマシンの”真のペース”に肩を落としている。

決勝でのペース不足に戸惑うガスリー「コース固有のものか – autosport web

アルファタウリのピエール・ガスリーは、F1第9戦カナダGPでのペース不足をどう理解していいのか分からなかった。そのせいで彼は14位にまで順位を下げること …

決勝でのペース不足に戸惑うガスリー「コース固有のものか、特定のセットアップによるものかわからない」/F1第9戦 | F1 | autosport web
 アルファタウリのピエール・ガスリーは、F1第9戦カナダGPでのペース不足をどう理解していいのか分からなかった。そのせいで彼は14位にまで順位を下げることになったのだ。 第8戦アゼルバイジャンGPでは予選6番手から5位入賞という強力な走りを見せたガスリーだが、モントリオールでは前週のバクーでやり残したことを完遂しようと...

【SNS特集】F1カナダGP:フェルスタッペン、父の日に最高のプレゼント。吸い寄せられるHAM …

日本時間では丑三つ時よりも深い深夜3時からの決勝スタートとなった第9戦カナダGPでは、レッドブルF1のマックス・フェルスタッペンがフェラーリF1カルロス・ …

【SNS特集】F1カナダGP:フェルスタッペン、父の日に最高のプレゼント。吸い寄せられるHAMとMAG | F1 | autosport web
 日本時間では丑三つ時よりも深い深夜3時からの決勝スタートとなった第9戦カナダGPでは、レッドブルF1のマックス・フェルスタッペンがフェラーリF1カルロス・サインツの猛追を振り切り、2連勝で今季6勝目。最後尾スタートから追い上げたアルファタウリF1角田裕毅はピットストップ直後にまさかのクラッシュ、悔しいリタイアを喫した...

F1テクニカルディレクター陣とFIAがポーパシング解決策について議論

F1の統治機関であるFIA(国際自動車連盟)は、技術指令が批判を受けた後、F1チームのテクニカルディレクターとミーティングを設けて、 …

F1テクニカルディレクター陣とFIAがポーパシング解決策について議論
F1の統治機関であるFIA(国際自動車連盟)は、技術指令が批判を受けた後、F1チームのテクニカルディレクターとミーティングを設けて、ポーパシング(ポーポイズ現象)の潜在的な解決策について話し合いを行う。FIAは、カナダグランプリの前夜に新しい技術指令を発表。これは、アゼルバイジャングランプリでのバウンシングによってF1...

メルセデス、ポーパシング問題に”ようやく”ピリオド。「解決完了」を報告……残る問題は …

F1技術規則が大きく変更されグラウンドエフェクトカーが復活した今季、メルセデスは開幕からフロア下のダウンフォースの増減によって車高が高速で変化する” …

メルセデス、ポーパシング問題に”ようやく”ピリオド。「解決完了」を報告……残る問題はバウンシング
メルセデスは、ここまでチームを悩ませてきたポーパシング問題を解決したと明かした。そして残る問題は、足回りの硬さと車高に起因する”バウンシング”だと説明している。

レッドブルF1代表、ポーパシングはレギュレーションの不備ではないと主張「メルセデスの …

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスの今季マシンが激しいポーパシングに見舞われているのは、レギュレーションが策定に失敗 …

レッドブルF1代表、ポーパシングはレギュレーションの不備ではないと主張「メルセデスのコンセプトが間違っている」
レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスの今季マシンが激しいポーパシングに見舞われているのは、レギュレーションが策定に失敗したのではなく、メルセデスのコンセプトが間違っていたからだと主張する。

アルファタウリF1代表 「ピエール・ガスリーは2023年もチームに残留する」

スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、2023年にピエール・ガスリーがチームでドライブすることを確認し、将来に関する …

アルファタウリF1代表 「ピエール・ガスリーは2023年もチームに残留する」
スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、2023年にピエール・ガスリーがチームでドライブすることを確認し、将来に関する憶測に終止符を打った。ピエール・ガスリーは、2019年にレッドブル・レーシングに所属した12レースを除くすべての期間をアルファタウリ(トロロッソ)に在籍している。

《F1》勝ちに不思議の勝ちあり…6勝目のフェルスタッペンと6連勝のレッドブルが – Yahoo!ニュース

第6戦スペインGPにしても、フェラーリのマシンにエンジントラブルが発生していなければ、ルクレールの楽勝に終わるレースだったと言っていいだろう。 つまり、 …

《F1》勝ちに不思議の勝ちあり…6勝目のフェルスタッペンと6連勝のレッドブルが、シーズンを楽観視できない理由とは(Number Web) - Yahoo!ニュース
「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」  これは往年の名監督、野村克也の座右の銘として話題になった名言だが、元は平戸藩の9代藩主だった松浦清が、松浦静山の名で執筆した書物の中に収められ

メルセデスF1代表 「路面に特化したビジネスモデルに変える必要がある」

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、チームのポーパシング問題に関する技術指令についてバッシングを受けるなか、「アスファルトに特化した …

メルセデスF1代表 「路面に特化したビジネスモデルに変える必要がある」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、チームのポーパシング問題に関する技術指令についてバッシングを受けるなか、「アスファルトに特化したビジネスモデルに変える必要がある」と冗談交じりに語った。過度なバウンシングに苦しむメルセデスF1は、バクーではルイス・ハミルトンが背中痛で車から降りられることに苦労し、ジョ...

ルイス・ハミルトン、元WシリーズドライバーのSky F1評論家チーム加入を支持 – F1-Gate.com

ルイス・ハミルトンは、Sky Sports F1の評論家チームに加わったことで批判を受けたナオミ・シフを擁護した。南アフリカで育ち、英国に移住する前に …

ルイス・ハミルトン、元WシリーズドライバーのSky F1評論家チーム加入を支持
ルイス・ハミルトンは、Sky Sports F1の評論家チームに加わったことで批判を受けたナオミ・シフを擁護した。南アフリカで育ち、英国に移住する前に南アフリカで育ったルワンダン-ベルギー出身のレーシングドライバーであるナオミ・シフは、2022年にSky Sports F1チームに加わった。2019年にWシリーズに参戦...
タイトルとURLをコピーしました