スバル スバルXV・オン/オフを問わない万能ぶりが光る、クロスオーバーSUV【国産車 カタログ】

スバル スバルXV・オン/オフを問わない万能ぶりが光る、クロスオーバーSUV【国産車カタログ】

2017年5月にフルモデルチェンジを実施。次世代プラットフォーム「SGP(SUBARU GLOBAL PLATFORM)」を採用したほか、スバル共通のデザインフィロソフィー“DYNAMIC …

スバル スバルXV・オン/オフを問わない万能ぶりが光る、クロスオーバーSUV【国産車カタログ】(WEBヤングマシン) - Yahoo!ニュース
※寄稿元:月刊自家用車編集部(内外出版社)

トヨタとSUBARUが軟調、新型EV販売停止を嫌気 | Reuters – ロイター

トヨタ自動車とSUBARUが軟調に推移している。トヨタは1%超安、SUBARUは4%超安。両社が手掛ける電気自動車(EV)がボルト部品の不具合で …

トヨタとSUBARUが軟調、新型EV販売停止を嫌気
トヨタ自動車とSUBARUが軟調に推移している。トヨタは1%超安、SUBARUは4%超安。両社が手掛ける電気自動車(EV)がボルト部品の不具合で販売停止になったことが嫌気されている。

トヨタbZ4X&スバル・ソルテラ リコール届出 タイヤ脱落のおそれ 当面の使用停止を要請

トヨタは、2022年6月23日付で、BEVのトヨタbZ4X、およびスバル・ソルテラ(2022年3月2日~2022年6月2日製造)計204台のリコール(回収・無償修理)を国土 …

トヨタbZ4X&スバル・ソルテラ リコール届出 タイヤ脱落のおそれ 当面の使用停止を要請(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
トヨタは、2022年6月23日付で、BEVのトヨタbZ4X、およびスバル・ソルテラ(2022年3月2日~2022年6月2日製造)計204台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

トヨタとSUBARUが軟調、新型EV販売停止を嫌気 – Yahoo!ファイナンス

[東京 24日 ロイター] – トヨタ自動車とSUBARUが軟調に推移している。トヨタは1%超安、SUBARUは…

ニュース・コラム - Yahoo!ファイナンスニュース・コラム - Yahoo!ファイナンス
Yahoo!ファイナンス「ニュース・コラム」では、通信社・新聞社・出版社・専門サイトが配信した、投資やビジネスに関する記事をご覧いただけます。

「bZ4X」「ソルテラ」がリコール、急旋回や急制動でハブボルトが緩む可能性:電動化 – MONOist

トヨタ自動車は2022年6月23日、国土交通省に新型EV「bZ4X」のリコールを届け出た。兄弟車であるスバルの「ソルテラ」もリコール対象となる。

「bZ4X」「ソルテラ」がリコール、急旋回や急制動でハブボルトが緩む可能性
トヨタ自動車は2022年6月23日、国土交通省に新型EV「bZ4X」のリコールを届け出た。兄弟車であるスバルの「ソルテラ」もリコール対象となる。

「出ばなくじかれた」 トヨタとSUBARU、新型EV販売停止 – 日本経済新聞

トヨタ自動車とSUBARU(スバル)が5月に発売した新型の電気自動車(EV)の提供を止めた。国内では日産自動車が軽自動車のEVを投入するほか、世界でも競合が …

「出ばなくじかれた」 トヨタとSUBARU、新型EV販売停止
トヨタ自動車とSUBARU(スバル)が5月に発売した新型の電気自動車(EV)の提供を止めた。国内では日産自動車が軽自動車のEVを投入するほか、世界でも競合がしのぎを削る。トヨタとスバルにとっては今後のEV戦略の試金石となる新型車だけに、発売後1カ月ほどでの急ブレーキに、販売店などから困惑の声が広がっている。新型EVは両...

トヨタbZ4X&スバル・ソルテラ リコール届出 タイヤ脱落のおそれ 当面の使用停止を要請 – carview!

ハブボルトの不具合トヨタは、2022年6月23日付で、BEVのトヨタbZ4X、およびスバル・ソルテラ(2022年3月2日~2022年6月2日製造)計204台のリコール(回収・ …

トヨタbZ4X&スバル・ソルテラ リコール届出 タイヤ脱落のおそれ 当面の使用停止を要請(AUTOCAR JAPAN) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
ハブボルトの不具合トヨタは、2022年6月23日付で、BEVのトヨタbZ4X、およびスバル・ソルテラ(2022年3月2日~2022年6月2日製造)計204台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。国土交通省によると、タイヤを取り...

「重量は純正の半分以下!?」VNH型レヴォーグに最強のスポーツマフラーを! – モーターファン

検索したいキーワードを入力. 検索. 検索. MENU. HOME · weboption · TUNING · ドレスアップ · カタログ · スバル · レヴォーグ …

「重量は純正の半分以下!?」VNH型レヴォーグに最強のスポーツマフラーを!
2.4Lエンジン搭載車にもついに適合拡大 純正比マイナス52パーセントの圧倒的軽量化を実現! 軽量化を徹底追求し、車種によってはノーマルの約半分という超軽量スペックで人気を博すHKSの“ハイパワースペックLII”シリーズに、2.4Lエンジンを搭載するVNH型レヴォーグ用が加わった。 性能面では、絞りのないストレート構造...

SUBARU—大幅続落、新型EVの販売停止とリコールを発表で (2022年6月24日) – エキサイト

SUBARUは大幅続落。トヨタと共同開発した新世代EVで、「トヨタbZ4X」の姉妹モデルである「ソルテラ」の販売を停止と伝わっている。

SUBARU---大幅続落、新型EVの販売停止とリコールを発表で (2022年6月24日) - エキサイトニュース
SUBARUは大幅続落。トヨタと共同開発した新世代EVで、「トヨタbZ4X」の姉妹モデルである「ソルテラ」の販売を停止と伝わっている。急旋回などでタイヤのボルトが緩み、脱落する恐れがあるとして、国土交...

2021年度日本一安全なクルマの称号は伊達じゃない!? 日本車には珍しくキャラの立ったレガシィ …

現在、スバルブランドを大きく変えた「レガシィ」の名を受け継ぐ唯一のモデルだが、グローバル……特に北米では現在も絶対的なエースである。

レガシィアウトバックの魅力とは? 2021年度日本一安全なクルマの称号は伊達じゃない!? - 自動車情報誌「ベストカー」
スバルのワゴンと言えば「レヴォーグ」と定着してしまったが、やっぱり「レガシィ」がいいというユーザーが少なからず一定数存在する。今回はそんな「レガシィアウトバック」の魅力について検証する。
タイトルとURLをコピーしました