【動画】難問続出。F1ドライバーたちが"1コーナーだけ"を見てサーキット 名を答えるクイズに挑戦

【動画】難問続出。F1ドライバーたちが"1コーナーだけ"を見てサーキット名を答えるクイズに挑戦

2022年のF1を戦う全20人のドライバーが毎回ひとつの企画で競い合う『Grill The Grid』。今回ドライバーたちは、1コーナーのコース図を見てそれがどの …

【動画】難問続出。F1ドライバーたちが"1コーナーだけ"を見てサーキット名を答えるクイズに挑戦 | F1 | autosport web
 2022年のF1を戦う全20人のドライバーが毎回ひとつの企画で競い合う『Grill The Grid』。今回ドライバーたちは、1コーナーのコース図を見てそれがどのサーキットのものなのかを当てるクイズに挑戦だ。 出題されるのは今シーズンのグランプリが開催される全22のサーキット。F1ドライバーなら数百周は走ったことがあ...

アルファタウリ残留のガスリー、F1キャリア転換のチャンスを2024年に求める。期待される角田の …

アルファタウリ代表フランツ・トストがF1カナダGPで、ピエール・ガスリーは"100パーセント"来年もチームに残るとコメントした後、6月24日、ガスリーの2023年 …

アルファタウリ残留のガスリー、F1キャリア転換のチャンスを2024年に求める。期待される角田の来季とジュニア勢の今後 | F1 | autosport web
 アルファタウリ代表フランツ・トストがF1カナダGPで、ピエール・ガスリーは"100パーセント"来年もチームに残るとコメントした後、6月24日、ガスリーの2023年残留が正式に発表された。これは、ガスリーが来季に向けて他に魅力的なシートを見つけることができなかったことを意味する。彼は2024年まで待ち、より多くの選択肢...

レッドブルF1首脳 「メルセデスF1のロビー活動は裏目に出た」

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、新世代F1マシンのポーパシング(ポーポイズ現象)問題を支援するための …

レッドブルF1首脳 「メルセデスF1のロビー活動は裏目に出た」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、新世代F1マシンのポーパシング(ポーポイズ現象)問題を支援するためのメルセデスF1によるFIA(国際自動車連盟)へのロビー活動は「裏目に出た」と考えている。メルセデスF1のジョージ・ラッセルとルイス・ハミルトンを含めた多くのドライバーから安全上の...

レッドブルF1首脳 「9レースで7勝はシーズンを“支配”していると言える」

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、信頼性の懸念に警戒しているものの、2022年にレッドブル・レーシングはF1 …

レッドブルF1首脳 「9レースで7勝はシーズンを“支配”していると言える」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、信頼性の懸念に警戒しているものの、2022年にレッドブル・レーシングはF1を“支配”していると考えている。マックスフェルスタッペンは、F1カナダグランプリでシーズン6勝目を挙げた。これは、レッドブル・レーシングにとっても6先勝だった。その結果、コ...

ホンダが2026年にF1復帰する可能性もあるとドイツ誌 – Yahoo!ニュース

正式確定が遅れている2026年の新F1エンジンレギュレーションF1は2026年から新たなエンジンレギュレーションを導入する計画となっており、それに合わせて …

ホンダが2026年にF1復帰する可能性もあるとドイツ誌(TopNews) - Yahoo!ニュース
ドイツのモータースポーツ専門誌である『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』が、2026年にホンダが再びエンジンサプライヤーとしてF1に正式復帰する可能性

ピエール・ガスリー、2023年もアルファタウリ残留が正式決定。去就注目も移籍せず – Motorsport

2017年にアルファタウリの前身であるトロロッソでF1デビューを果たしたガスリーは、2019年にレッドブルに昇格したが、12レースを走ったところでトロロッソに戻 …

ピエール・ガスリー、2023年もアルファタウリ残留が正式決定。去就注目も移籍せず
アルファタウリは、ピエール・ガスリーが2023年もチームに留まることを正式に発表した。

ホンダが2026年にF1復帰する可能性もあるとドイツ誌 – TopNews

F1は2026年から新たなエンジンレギュレーションを導入する計画となっており、それに合わせてフォルクスワーゲン傘下にあるポルシェとアウディがエンジン …

ホンダが2026年にF1復帰する可能性もあるとドイツ誌 - TopNews
TopNews(トップニュース)は、F1や自動車ニュースをLive速報で毎日提供しています。

ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1はレースごとに異なる問題に直面」 – F1-Gate.com

メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、次戦F1イギリスGPの舞台となるシルバーストンはW13に合っているはずだと楽観的に見つつも、チームはレースごと …

ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1はレースごとに異なる問題に直面」
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、次戦F1イギリスGPの舞台となるシルバーストンはW13に合っているはずだと楽観的に見つつも、チームはレースごとに「異なる問題に直面している」と警告する。メルセデスF1は、W13を理解することに苦しんでおり、当初はポーパシング(ポーポイズ現象)に悩まされていたが、それを解消した今は、...

F1ベルギー GP > スパ・フランコルシャン 存続をかけて“アメリカ流”演出に転換?

F1ベルギーGPのレースプロモーターを務めるシュタイン・デ・ボーファーは、スパ・グランコシャンがF1カレンダーにとどまりたいのであれば“アメリカ流”の演出 …

F1ベルギーGP:スパ・フランコルシャン 存続をかけて“アメリカ流”演出に転換?
F1ベルギーGPのレースプロモーターを務めるシュタイン・デ・ボーファーは、スパ・グランコシャンがF1カレンダーにとどまりたいのであれば“アメリカ流”の演出を採用する必要があると認める。F1のオーナーであるリバティメディアが、マイアミやラスベガスなど新たなエキサイティングなイベントを開拓していることで、象徴的なサーキット...

レッドブルF1代表 「予算上限によってタイトルは裁判所で決まる恐れがある」

レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1の予算上限が2022年のF1タイトル争いに影響を与えかねない重要な役割を改めて …

レッドブルF1代表 「予算上限によってタイトルは裁判所で決まる恐れがある」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1の予算上限が2022年のF1タイトル争いに影響を与えかねない重要な役割を改めて強調。タイトルが裁判所によって決定される恐れがあると語る。現在、レッドブル・レーシングとマックス・フェルスタッペンは、両方のチャンピオンシップをリードしているが、クリ...
タイトルとURLをコピーしました