マツダ新型SUV「CX-60」はコスパ最高!? 実車に触れて分かった5つの「とがった」ポ イント

マツダ新型SUV「CX-60」はコスパ最高!? 実車に触れて分かった5つの「とがった」ポイント

マツダのSUV「CX-60」は、挑戦的な価格設定やパワートレインなど話題に事欠かない新型モデルです。今回はそんなCX-60の実車に実際に触れてみて分かった5つの …

マツダ新型SUV「CX-60」はコスパ最高!? 実車に触れて分かった5つの「とがった」ポイント
マツダのSUV「CX-60」は、挑戦的な価格設定やパワートレインなど話題に事欠かない新型モデルです。今回はそんなCX-60の実車に実際に触れてみて分かった5つの注目ポイントを紹介します。

マツダが予約受注開始、新型SUV「CX-60」日本仕様の性能(ニュースイッチ) – Yahoo!ニュース

マツダは日本で、新型クロスオーバースポーツ多目的車(SUV)「CX―60」の予約受注を始めた。排気量3300ccの直列6気筒ディーゼルエンジンモデルと48Vモーター …

マツダが予約受注開始、新型SUV「CX-60」日本仕様の性能(ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
マツダは日本で、新型クロスオーバースポーツ多目的車(SUV)「CX―60」の予約受注を始めた。排気量3300ccの直列6気筒ディーゼルエンジンモデルと48Vモーター搭載のマイルドハイブリッド車(HV

まるでマツダCX-60スポーツグレード オートエグゼ「スタイリングキット」公開 ディーラーOP

オートエクゼは、マツダが9月発売予定の新型クロスオーバーSUV「CX-60」用スタイリングキット「オートエクゼ KH-07」を公開し、順次販売を開始する。

まるでマツダCX-60スポーツグレード オートエクゼ「スタイリングキット」公開 ディーラーOP(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
オートエクゼは、マツダが9月発売予定の新型クロスオーバーSUV「CX-60」用スタイリングキット「オートエクゼ KH-07」を公開し、順次販売を開始する。

【マツダ CX-60】CX-5との差別化、デザインに盛り込まれた「日本の美」が生み出す …

マツダはラージアーキテクチャーを使用したプレミアムSUVの第一弾『CX-60』の予約受注を開始した。そのデザインコンセプトワードは“Noble Toughness( …

【マツダ CX-60】CX-5との差別化、デザインに盛り込まれた「日本の美」が生み出すラグジュアリーとは | レスポンス(Response.jp)
◆チーターの動きを表現する魂動デザイン ◆『CX-5』とのデザインの差別化は ◆たったひとつだけ付け足したパーツ ◆インテリアも骨格の強さを表現 ◆日本人だからこそ感じられる美意識

マツダ CX-5の魅力とは? ライフスタイルに合わせたグレード選択が可能 – Yahoo!ニュース

2021年11月に大幅改良を受けたCX-5。「Sports Appearance(スポーツアピアランス)」とField Journey(フィールドジャーニー)」という特別仕様車が2種類 …

マツダ CX-5の魅力とは? ライフスタイルに合わせたグレード選択が可能(carview!) - Yahoo!ニュース
2021年11月に大幅改良を受けたCX-5。「Sports Appearance(スポーツアピアランス)」とField Journey(フィールドジャーニー)」という特別仕様車が2種類加わり、バリエ

日本製鉄:マツダと共同開発した軽量Bピラーをマツダ新型CX-60に世界初採用 – モーターファン

日本製鉄は、マツダと共同で、1.8GPa級、および1.3GPa級アルミめっきホットスタンプ鋼板(以下、AL-HS鋼板)を使用したTWB(テーラードウェルドブランク※1) …

日本製鉄:マツダと共同開発した軽量Bピラーをマツダ新型CX-60に世界初採用
日本製鉄は、マツダと共同で、1.8GPa級、および1.3GPa級アルミめっきホットスタンプ鋼板(以下、AL-HS鋼板)を使用したTWB(テーラードウェルドブランク※1)構造の軽量Bピラー開発に取り組み、今般マツダ新型ラージSUV(CX-60)に採用された。

ロードスター譲りの人馬一体感 マツダの新型SUV「CX-60」のプロトタイプに試乗! | ENGINE …

日本仕様の詳細が明らかになったFR(フロント・エンジン後輪駆動)プラットフォームを持つマツダの新しい中型SUV、CX-60。その欧州仕様のプロトタイプに試乗 …

ロードスター譲りの人馬一体感 マツダの新型SUV「CX-60」のプロトタイプに試乗! | ENGINE (エンジン) |クルマ、時計、ファッション、男のライフスタイルメディア
日本仕様の詳細が明らかになったFR(フロント・エンジン後輪駆動)プラットフォームを持つマツダの新しい中型SUV、CX-60。その欧州仕様のプロトタイプに試乗する機会を得た。“オレ流”マツダの新型ラージFRシャシー先日は新型ロードスターで、顔...

新型高級SUV「CX-60」オシャなカラバリが全部で7色「どれが好き!?」 2022年秋発売

マツダは2022年6月24日、今秋発売予定の新型SUV「CX-60」の予約受注を開始しました。全7色が用意されるボディカラーについて紹介します。

新型高級SUV「CX-60」オシャなカラバリが全部で7色「どれが好き!?」 2022年秋発売
マツダは2022年6月24日、今秋発売予定の新型SUV「CX-60」の予約受注を開始しました。全7色が用意されるボディカラーについて紹介します。

4つのパワトレ×8つのグレードと車種構成が複雑なマツダCX-60の買い方を指南! – モーターファン

マツダCX-60の予約受注がついにはじまった。発売は今年9月が予定されており、さっそくディーラーに相談へ、という方も多いだろう。ただしCX-60は、非常に …

4つのパワトレ×8つのグレードと車種構成が複雑なマツダCX-60の買い方を指南!
マツダCX-60の予約受注がついにはじまった。発売は今年9月が予定されており、さっそくディーラーに相談へ、という方も多いだろう。ただしCX-60は、非常に幅広い価格帯、数多いグレード構成を持っていて、全体像が掴みにくい。ぜひここで、まずは車種ラインナップのアウトラインを予習してみよう。

ライバルよりも安くて最先端! マツダR360は30万円という驚きの低価格でマイカー保有の幅を …

この記事をまとめると 1960年に登場したマツダR360クーペ 徹底的に軽量化したのも大きなトピック トルクコンバーターを用いたオートマチックもあった.

マツダR360クーペは軽量化に徹した1台だった! 軽自動車初のトルコンバーターも採用した名車を振り返る | ~カスタム・アウトドア・福祉車両・モータースポーツなどのカーライフ情報が満載~ AUTO MESSE WEB
1960年に登場したマツダR360クーペ。同社が初めて4輪部門に参画したモデルでもあった。全長は3mにも満たないボディで、大人ふたりと子どもふたりがゆったり座れる2+2が採用されていた。また、軽量化にも徹した1台だった。ここでは同車の魅力を振り返ってみよう。
タイトルとURLをコピーしました