【ランボルギーニ クンタッチ 新型】ブランドのDNAと未来を織り込んで復活

【ランボルギーニ クンタッチ 新型】ブランドのDNAと未来を織り込んで復活

アウトモビリ・ランボルギーニは、『クンタッチ』デビュー50周年を記念して昨2021年に本国で発表したランボルギーニ『クンタッチLPI 800-4』を、日本初公開 …

カウンタック復活…クンタッチ 新型はランボルギーニのDNAと未来を織り込んだ | レスポンス(Response.jp)
アウトモビリ・ランボルギーニは、『クンタッチ』デビュー50周年を記念して昨2021年に本国で発表したランボルギーニ『クンタッチLPI 800-4』を、日本初公開した。

『ランボルギーニ・カウンタック』レーシング・ランボルギーニの"出発点"【忘れがたき銘車たち】

『ランボルギーニ・カウンタック』レーシング・ランボルギーニの“出発点”【忘れがたき銘車たち】. レースを愛してやまないファンの方々へ autosport web Premium …

『ランボルギーニ・カウンタック』レーシング・ランボルギーニの"出発点"【忘れがたき銘車たち】 | レーシングオン | autosport web
 モータースポーツの「歴史」に焦点を当てる老舗レース雑誌『Racing on』と、モータースポーツの「今」を切り取るオートスポーツwebがコラボしてお届けするweb版『Racing on』では、記憶に残る数々の名レーシングカー、ドライバーなどを紹介していきます。今回のテーマは、全日本GT選手権に参戦した『ランボルギーニ...

ランボ「カウンタック」復活で「浅草」に降臨!? 価格もスーパーカーな「3億円」でも完売済み!

伊ランボルギーニは2022年6月21日、復活した新型「カウンタックLPl800-4」を日本で初公開しました。世界限定112台で価格はおよそ3億円ですが、すでに完売 …

ランボ「カウンタック」復活で「浅草」に降臨!? 価格もスーパーカーな「3億円」でも完売済み!
伊ランボルギーニは2022年6月21日、復活した新型「カウンタックLPl800-4」を日本で初公開しました。世界限定112台で価格はおよそ3億円ですが、すでに完売です。

10歳がランボルギーニを運転してBMWに接触事故、ベン・アフレック息子 – フロントロウ

俳優のベン・アフレックの10歳の子どもが、ランボルギーニに乗り込み後ろに停めてあったBMWに接触するという事故が発生した。(フロントロウ編集部)

https://front-row.jp/_ct/17551677?

『ランボルギーニ・カウンタック』レーシング・ランボルギーニの“出発点”【忘れがたき銘車たち】

イタリアの高級スポーツカーメーカーであるランボルギーニは、数多くのスーパーカーを生み出しながらも、1990年代に入るまで主だったレース活動をしてい …

『ランボルギーニ・カウンタック』レーシング・ランボルギーニの“出発点”【忘れがたき銘車たち】(2022年6月27日)|BIGLOBEニュース
モータースポーツの「歴史」に焦点を当てる老舗レース雑誌『Racingon』と、モータースポーツの「今」を切り取るオートスポーツwebがコラボしてお届けするweb版『Racin…|BIGLOBEニュース

テスタロッサというV12ミッドシップのフェラーリ! 六本木に溢れていたバブル経済の申し子

正確にはその前夜にパリ市内の有名なクラブで行われたプライベートイベントだった。 【関連記事】フェラーリやランボルギーニの「車検時」の代車は? スーパー …

これぞフェラーリと言わんばかりの華やかさ! バブル時代の六本木に溢れた「フェラーリ・テスタロッサ」
この記事をまとめると■V12をミッドシップ搭載したフェラーリの新型ベルリネッタとして1984年にテスタロッサが登場■センターロックのホイールや左Aピラー中央に装着されるサイドミラーなどが特徴的だった■バブル経済真っ盛りの時代に登場したフェラ…

フィアット・ホーンボタン付き/メーカー不明/レザーステアリング/38cmはいかが

ランボルギーニ 電動化しても「宇宙船のような外観」は変わらず 独自デザインへこだわり · マツダ「CX-60」価格判明 内装/サイズ/燃費を解説 後輪駆動 …

フィアット・ホーンボタン付き/メーカー不明/レザーステアリング/38cmはいかが - AUTOCAR JAPAN
スピードショップFIIの長田です。 フィアット・ホーンボタン付き/メーカー不明/レザーステアリング/38cmはいかがでしょう。 販売価格は165000円(税込)です。 お問い合わせやご質問はお気軽にお電話で長田までどうぞ

メルセデスAMG EQS 詳細データテスト 楽に飛ばせて快適 低速域は洗練性が不足 質感は不満も

991記事 · ランボルギーニ 296記事 · スバル 306記事 · 3シリーズ 133記事 · レクサス 337記事 · フェラーリ 320記事 · マツダ 395記事 · CX-60

画像・写真 | メルセデスAMG EQS 詳細データテスト 楽に飛ばせて快適 低速域は洗練性が不足 質感は不満も - AUTOCAR JAPAN
メルセデス初の専用設計EVを、AMGモデルでテスト。EVのSクラスとしては質感も洗練度も不満ありですが、航続距離は長く、高速域では快適。動力性能は文句なく、ハンドリングもまずまず。今後のさらなる改善に期待です。
タイトルとURLをコピーしました