レッドブルF1代表、予算超過の罰則がタイトル争いに影響する可能性を懸念「結果 が法廷の前で …

レッドブルF1代表、予算超過の罰則がタイトル争いに影響する可能性を懸念「結果が法廷の前で …

レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、今年のタイトル争いにおいてF1の予算制限が重要な役割を果たすことを改めて強調した。

レッドブルF1代表、予算超過の罰則がタイトル争いに影響する可能性を懸念「結果が法廷で決まることは望まない」 | F1 | autosport web
 レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、今年のタイトル争いにおいてF1の予算制限が重要な役割を果たすことを改めて強調した。タイトル争いの結果は法廷で決まる可能性もあるという。 現在レッドブルとドライバーのマックス・フェルスタッペンは、それぞれチャンピオンシップで首位につけているが、ホーナーはシーズン...

F1技術解説:第9戦(1)予想外の資質を発揮し、フェラーリを破ったレッドブルRB18

2022年F1第9戦スペインGPで各チームが走らせたマシンを、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが観察し、印象に残った点などについて解説 …

F1技術解説:第9戦(1)予想外の資質を発揮し、フェラーリを破ったレッドブルRB18 | F1 | autosport web
 2022年F1第9戦スペインGPで各チームが走らせたマシンを、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが観察し、印象に残った点などについて解説。今回は、フェラーリのアップデートを紹介しつつ、レッドブルが勝利しフェラーリが敗北を喫した理由を探る。 ──────────────────────────...

【ギャラリー】ナイジェル・マンセルがグッドウッドに登場。ウイリアムズFW14Bやフェラーリ …

1992年のF1チャンピオンであるナイジェル・マンセルは、6月23〜26日に開催されたグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードに参加し、『FW14B』 …

【ギャラリー】ナイジェル・マンセルがグッドウッドに登場。ウイリアムズFW14Bやフェラーリ640などをドライブ | F1 | autosport web
 1992年のF1チャンピオンであるナイジェル・マンセルは、6月23〜26日に開催されたグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードに参加し、『FW14B』や『フェラーリ640』、『ロータス25』などのマシンをドライブした。

F1、“100%”持続可能な燃料を2026年に導入へ。二酸化炭素排出ゼロに向け進捗を発表

F1は2019年に、2030年までに二酸化炭素排出量をゼロにする目標を掲げたが、2022年6月27日にその進捗状況を発表した。 この中でF1は、2026年から次世代 …

F1、“100%”持続可能な燃料を2026年に導入へ。二酸化炭素排出ゼロに向け進捗を発表
F1は二酸化炭素排出量ゼロを目指す取り組みの中で、100%持続可能な燃料を2026年に導入する予定であると明らかにした。

メルセデス F1のルイス・ハミルトン 「今後セットアップの実験は慎重に進めていく」

メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、2022年F1シーズンの後半はグランプリ週末で実験的なセットアップで走行する頻度が減ることを期待している。

メルセデスF1のルイス・ハミルトン 「今後セットアップの実験は慎重に進めていく」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、2022年F1シーズンの後半はグランプリ週末で実験的なセットアップで走行する頻度が減ることを期待している。メルセデスF1は、グラウンドエフェクトカーに生まれ変わった2022年の新世代F1マシンで“ポーパシング(ポーポイズ現象)”に酷く苦しんでおり、ルイス・ハミルトンはW13のポテン...

ハースF1チームのアキレス腱はフェラーリPUのMGU-Kの信頼性 – F1-Gate.com

ハースF1チームは、最近のレースでのメカニカル問題について調査。フェラーリのMGU-Kが問題のあるコンポーネントとして特定された。

ハースF1チームのアキレス腱はフェラーリPUのMGU-Kの信頼性
ハースF1チームは、最近のレースでのメカニカル問題について調査。フェラーリのMGU-Kが問題のあるコンポーネントとして特定された。Auto Motor und Sportは、最近のレースでケビン・マグヌッセンとミック・シューマッハが遭遇したメカニカル的な故障は、フェラーリが供給したMGU-Kに起因していると報道。

ナイジェル・マンセル、F1タイトル獲得マシン『ウィリアムズFW14B』で走行 – F1-Gate.com

1992年のF1ワールドチャンピオンであるナイジェル・マンセンが、6月26日(日)にグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでウィリアムズFW14Bのスタア …

ナイジェル・マンセル、F1タイトル獲得マシン『ウィリアムズFW14B』で走行
1992年のF1ワールドチャンピオンであるナイジェル・マンセンが、6月26日(日)にグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでウィリアムズFW14Bのスタアリングを握った。1992年シーズンの最終戦オーストラリア以来、ナイジェル・マンセルがウィリアムズFW14Bを運転したのは今回が初めてとなる。この車はF1史上最も...

メルセデスF1代表 「信頼性100%の記録にあまり興奮したくはない」

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2022年シーズンのチームの優れた信頼性の記録にあまり夢中になっていない。コンストラクターズタイトル …

メルセデスF1代表 「信頼性100%の記録にあまり興奮したくはない」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2022年シーズンのチームの優れた信頼性の記録にあまり夢中になっていない。コンストラクターズタイトルを8連覇してきたメルセデスF1だが、今年は新世代F1マシンの深刻なポーパシング(ポーポイズ現象)に苦しめられており、タイトル争いから外れている。

F1第9戦】満点ふたりのハイレベルな週末。年齢はデメリットにならないと証明したアロンソ …

長年F1を取材しているベテランジャーナリスト、ルイス・バスコンセロス氏が、全20人のドライバーのグランプリウイークエンドの戦いを詳細にチェック、独自の …

【全ドライバー独自採点/F1第9戦】満点ふたりのハイレベルな週末。年齢はデメリットにならないと証明したアロンソ(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 長年F1を取材しているベテランジャーナリスト、ルイス・バスコンセロス氏が、全20人のドライバーのグランプリウイークエンドの戦いを詳細にチェック、独自の視点でそれぞれを10段階で評価する。

ピレリ、フェルスタッペンとサインツJr.の接近戦にニッコリ「今年の目標がひとつクリアできた」

F1カナダGPの終盤は、レッドブルのマックス・フェルスタッペンとフェラーリのカルロス・サインツJr.が優勝をかけて、接近戦を演じた。

ピレリ、フェルスタッペンとサインツJr.の接近戦にニッコリ「今年の目標がひとつクリアできた」
マックス・フェルスタッペンとカルロス・サインツJr.のカナダGP終盤のスリリングな優勝争いは、2022年のF1タイヤが接近戦を実現している証拠だと、ピレリは考えているようだ。
タイトルとURLをコピーしました