【アーカイブ・一世一台】意地と底力を見せたカッ飛びワゴン、ダイハツYRV – モー ターファン

【アーカイブ・一世一台】意地と底力を見せたカッ飛びワゴン、ダイハツYRV – モーターファン

ダイハツYRVターボ。このサイズのボディにして圧倒的な加速を感じさせてくれた。 何代もの代替わりでその名が永く …

【アーカイブ・一世一台】意地と底力を見せたカッ飛びワゴン、ダイハツYRV
何代もの代替わりでその名が永く継承されるクルマもあれば、一代限りで途絶えてしまうクルマもある。そんな「一世一台」とも言うべきクルマは、逆に言えば個性派ぞろい。そんなクルマたちを振り返ってみよう。(初出:2020年10月10日)

新顔が精悍! ダイハツ「新コンパクト」発表! 新型「シリオン」MTレスで約208万円から 尼市場 …

トランスミッションとして「D-CVT」を全車に搭載 ダイハツのインドネシア法人(アストラ・ダイハツ・モーター)は、2022年6月2日に「シリオン」の …

新顔が精悍! ダイハツ「新コンパクト」発表! 新型「シリオン」MTレスで約208万円から 尼市場に投入(くるまのニュース)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
■トランスミッションとして「D-CVT」を全車に搭載 ダイハツのインドネシア法人(アストラ・ダイハツ・モーター)は、2022年6月2日に「シリオン」のマイナーチェンジモデルを発表。発表会の模様をオンラインでも配信しました。 改良を受けた新型...(ヘッドライン)

トヨタ、5月世界生産は9%減の70万331台-2カ月連続で前年割れ – Bloomberg

トヨタ自動車は29日、ダイハツ工業や日野自動車を含むグループ全体の5月の世界生産が前年同月比9%減の70万331台と、2カ月連続の前年割れとなったと発表 …

トヨタ、5月世界生産は9%減の70万331台-2カ月連続で前年割れ
トヨタ自動車は29日、ダイハツ工業や日野自動車を含むグループ全体の5月の世界生産が前年同月比9%減の70万331台と、2カ月連続の前年割れとなったと発表した。

ホンダやマツダの生産が前年同月比で半減、2022年度の厳しいスタート – MONOist

半導体不足や中国のロックダウンなどサプライチェーンの混乱が深刻化しており、日系乗用車メーカー8社が発表した2022年4月の生産台数では、ダイハツ工業 …

ホンダやマツダの生産が前年同月比で半減、2022年度の厳しいスタート
半導体不足や中国のロックダウンなどサプライチェーンの混乱が深刻化しており、日系乗用車メーカー8社が発表した2022年4月の生産台数では、ダイハツ工業とSUBARU(スバル)を除く6社が前年割れとなった。

白柳トヨタ紡織社長:「外」の顧客開拓に意欲=インタビュー | 乗りものニュース

白柳氏は「簡単なことではない」としながらも、「(トヨタと資本関係がある)SUBARUやマツダ、スズキ、ダイハツ工業を中心にしっかり拡販していく」と …

乗りものニュース
鉄道(新幹線、観光列車、通勤電車など)、バス(高速、夜行、一般路線バスなど)、飛行機(旅客機、戦闘機など)、船、自動車、道路といった「乗りもの」や「交通」に関するニュース、最新の情報をわかりやすくお届けします!

株主総会ピーク、600社=三井住友FGやオリエンタルランド | 乗りものニュース

いすゞ · スズキ · スバル · ダイハツ · トヨタ · 日産 · ホンダ · マツダ · 三菱自動車 · 新車 · 旧車 · いすゞ · スズキ · スバル · ダイハツ · トヨタ …

乗りものニュース
鉄道(新幹線、観光列車、通勤電車など)、バス(高速、夜行、一般路線バスなど)、飛行機(旅客機、戦闘機など)、船、自動車、道路といった「乗りもの」や「交通」に関するニュース、最新の情報をわかりやすくお届けします!

自動車メーカー、脱炭素目標を前倒し EUの国境炭素税に備え – 日刊自動車新聞 電子版

これまでは政府目標の50年に合わせて自社工場のCO2排出量を実質ゼロにする目標の企業が多かったが、トヨタ自動車、ダイハツ工業、マツダに続いて、 …

自動車メーカー、脱炭素目標を前倒し EUの国境炭素税に備え|自動車メーカー|紙面記事
自社工場で排出する二酸化炭素(CO2)を実質ゼロにする目標の達成時期を前倒しする自動車メーカーが相次いでいる。これまでは政府目標の50年に合わせて自社工場のCO2排出量を実質ゼロにする目標の企業が多…

なぜ「100万円以下」の軽自動車減った? コンパクトカーとの立ち位置は逆転? 今後の軽規格は …

2011年に登場したN-BOXは、当時の人気を誇っていた軽スーパーハイトワゴンのダイハツ「タント」を直接のライバルとし企画されました。 ホンダ「フィット」などで …

なぜ「100万円以下」の軽自動車減った? コンパクトカーとの立ち位置は逆転? 今後の軽規格はどうなるのか
この30年で軽自動車に対するイメージは激変しました。かつては「安いクルマ」の代名詞であった軽自動車ですが、最近では100万円以下で購入できるものはほとんどなくなり、むしろ200万円以上するものがめずらしくなくなってきました。今後さらにコンパクトカーとの差別化が難しくなっていく印象を受けますが、果たしてどうなっていくので...
タイトルとURLをコピーしました