新型 EVで伸び悩むトヨタと好調な日産・三菱、なぜ出足から明暗が分かれたのか – Yahoo!ニュース

新型 EVで伸び悩むトヨタと好調な日産・三菱、なぜ出足から明暗が分かれたのか – Yahoo!ニュース

トヨタは現時点では詳細な受注状況を発表していないが、特に法人向けの引きが強いようだ。 トヨタレンタリース店を通じてリースで展開する法人向けは、トヨタ系 …

新型EVで伸び悩むトヨタと好調な日産・三菱、なぜ出足から明暗が分かれたのか(東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース
 自動車各社から電気自動車(EV)の発売が相次いでいる。航続距離などの性能と価格のバランスや売り方について、手探りの状況が続く。ただ、出足は必ずしも好調とは言えないようだ。

トヨタ・プリウス リコール届出 ハイブリッドシステム不具合 約8700台対象 – Yahoo!ニュース

トヨタは、2022年6月29日付で、プリウス(2009年5月14日~2014年2月5日製造)計8669台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

トヨタ・プリウス リコール届出 ハイブリッドシステム不具合 約8700台対象(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
トヨタは、2022年6月29日付で、プリウス(2009年5月14日~2014年2月5日製造)計8669台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

【緊急入電】新型シエンタが8月2日に発表・発売確定! 7月13日から予約受注開始 7年ぶりのフル …

トヨタのコンパクトミニバン、シエンタが新型にフルモデルチェンジ、8月2日に発表・ … 文/遠藤徹写真/ベストカー編集部、ベストカーweb編集部、トヨタ.

【緊急入電】新型シエンタ今夏発表!!(発表日について訂正あり) 7年ぶりのフルモデルチェンジ 個性強めだが大ヒットなるか? - 自動車情報誌「ベストカー」
 トヨタのコンパクトミニバン、シエンタが新型にフルモデルチェンジ、8月2日に発表・発売されることが確定した。7月13日から予約受注が始まる。新型シエンタの情報を今わかっているすべてお伝えしよう!

“100年に1度の変革期”に直面するトヨタ紡織、トヨタ出身社長が挙げだ課題 – Yahoo!ニュース

トヨタ紡織の白柳正義社長は28日、合同取材に応じ、自動車の電動化に対応するため内装全体の企画開発を担う「インテリアスペースクリエイター」戦略を加速 …

“100年に1度の変革期”に直面するトヨタ紡織、トヨタ出身社長が挙げだ課題(ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
トヨタ紡織の白柳正義社長は28日、合同取材に応じ、自動車の電動化に対応するため内装全体の企画開発を担う「インテリアスペースクリエイター」戦略を加速する方針を示した。技術開発などを強化し、コア事業であ

トヨタの新型EV『bZ4X』、欧州発売…航続は516km | レスポンス(Response.jp)

トヨタ自動車(Toyota)の欧州部門は6月28日、新型EV『bZ4X』を欧州市場で発売した。日本と同様、リース形式での販売となる。

トヨタの新型EV『bZ4X』、欧州発売…航続は516km | レスポンス(Response.jp)
◆欧州仕様には前輪駆動とAWDの2種類を設定 ◆7車種を発売する「bZ」シリーズの第一弾モデル ◆スバルと共同開発したEV専用プラットフォーム ◆欧州でも「KINTO」を通じたリース販売を設定

トヨタbZ4X、欧州市場にも個人向けリースを通じて提供開始。 – モーターファン

bZ4Xは、トヨタ自動車初の新型バッテリー式電気自動車(BEV)だ。トヨタのゼロエミッション車ブランドbZ (Beyond Zero )の立ち上げと、BEV市場に初めて …

トヨタbZ4X、欧州市場にも個人向けリースを通じて提供開始。
bZ4Xは、トヨタ自動車初の新型バッテリー式電気自動車(BEV)だ。トヨタのゼロエミッション車ブランドbZ (Beyond Zero )の立ち上げと、BEV市場に初めて本格的なSUVオフロード走行を持ち込んだ新機軸の車である。bZ4Xは、トヨタグループのグローバルモビリティプロバイダー「KINTO」を通じてのみ販売され...

歴代トヨタ・プリウス 日本で北米で人気だったのは何代目? 次期型はどうなる? – Yahoo!ニュース

そもそも、トヨタにとっては「売れば売るほど赤字が嵩んでいく」クルマだった。それでもハイブリッドに賭けたトヨタという言い方もできる。

歴代トヨタ・プリウス 日本で北米で人気だったのは何代目? 次期型はどうなる?(MotorFan) - Yahoo!ニュース
初代プリウスが登場したのは1997年12月。以来、グローバルでもハイブリッド車=プリウス、と言われるほどの高い知名度を誇っている。現行プリウスは50系と言われる4代目モデルだ。登場は2015年12月

小型ミニバン「どっち買う!?」宿命のライバル車「シエンタvsフリード」新型はまだ?

コンパクトミニバンの好敵手、ホンダ「フリード」とトヨタ「シエンタ」ですが、特にシエンタはデビュー7年が経過し、そろそろモデルチェンジも期待される …

小型ミニバン「どっち買う!?」宿命のライバル車「シエンタvsフリード」新型はまだ?
コンパクトミニバンの好敵手、ホンダ「フリード」とトヨタ「シエンタ」ですが、特にシエンタはデビュー7年が経過し、そろそろモデルチェンジも期待されるところです。2モデルの動きを紹介します。

全長6m級トヨタ「ランクル6輪車」がもはやデコトラ!? 560万円の「40万キロ過走行モデル」を …

トヨタ「ランドクルーザー」といえば、どんな過酷な場所でも走破出来るという耐久性・信頼性を誇るモデルです。そうしたなかで、オーストラリアでは6輪仕様 …

全長6m級トヨタ「ランクル6輪車」がもはやデコトラ!? 560万円の「40万キロ過走行モデル」を豪州で発見!
トヨタ「ランドクルーザー」といえば、どんな過酷な場所でも走破出来るという耐久性・信頼性を誇るモデルです。そうしたなかで、オーストラリアでは6輪仕様の中古車で発見されました。

歴代トヨタ・プリウス 日本で北米で人気だったのは何代目? 次期型はどうなる? – モーターファン

そもそも、トヨタにとっては「売れば売るほど赤字が嵩んでいく」クルマだった。それでもハイブリッドに賭けたトヨタという言い方もできる。

歴代トヨタ・プリウス 日本で北米で人気だったのは何代目? 次期型はどうなる?
初代プリウスが登場したのは1997年12月。以来、グローバルでもハイブリッド車=プリウス、と言われるほどの高い知名度を誇っている。現行プリウスは50系と言われる4代目モデルだ。登場は2015年12月。間もなく丸7年となる。そろそろ次期型?なタイミングとなっている。その前にプリウス、これまでの4代でどれが一番人気だったの...
タイトルとURLをコピーしました