FIA、ポーパシング軽減のための新規定をF1フランスGPから導入へ – autosport web

FIA、ポーパシング軽減のための新規定をF1フランスGPから導入へ – autosport web

FIAは、F1におけるポーパシング(マシンの激しい縦揺れ)の問題を軽減するための新たな規定の導入を、第12戦フランスGPに行うと発表した。

FIA、ポーパシング軽減のための新規定をF1フランスGPから導入へ | F1 | autosport web
 FIAは、F1におけるポーパシング(マシンの激しい縦揺れ)の問題を軽減するための新たな規定の導入を、第12戦フランスGPに行うと発表した。ポーパシングはドライバーの健康や安全性に影響する深刻な問題であると考えたFIAは、第9戦カナダGPを前に、チームに対して技術指令書を発行した。その後、データを収集し、各車を監視する...

レッドブルF1から外されたビップスに対し、ハイテックが活動継続をサポート。F2は「差別的発言 …

レッドブル・レーシングのジュニアドライバーでテスト&リザーブドライバーを務めたユーリ・ビップスはオンラインゲームの最中に人種差別的な言葉を使った …

レッドブルF1から外されたビップスに対し、ハイテックが活動継続をサポート。F2は「差別的発言は容認できない」と批判 | F1 | autosport web
 レッドブル・レーシングのジュニアドライバーでテスト&リザーブドライバーを務めたユーリ・ビップスはオンラインゲームの最中に人種差別的な言葉を使ったことで、レッドブルからテスト&リザーブドライバー契約を打ち切られた。レッドブルのサポートのもとで参戦してきたF2での活動を継続することも難しいものとみられていたが、所属するハ...

プーチン擁護のバーニー・エクレストンにF1が反応。元最高責任者のコメントは「F1の価値観とは …

F1は、元F1最高権威者であるバーニー・エクレストンがロシアのプーチン大統領を擁護するコメントしたことについて、F1の価値観とは「対照的」であるとの声明 …

プーチン擁護のバーニー・エクレストンにF1が反応。元最高責任者のコメントは「F1の価値観とは真逆」
F1は、元F1最高権威者であるバーニー・エクレストンがロシアのプーチン大統領を擁護するコメントしたことについて、F1の価値観とは「対照的」であるとの声明を発表した。

”かなりの大規模アップグレード”で勢力図変わるか? F1イギリスGPで注目すべき3つのミッド …

F1発祥にして本拠の地、シルバーストン・サーキットで開催されるF1第10戦イギリスGPでは3つの中団チームが意欲的なアップグレードを投入する見通しだ。

”かなりの大規模アップグレード”で勢力図変わるか? F1イギリスGPで注目すべき3つのミッドフィルダー | Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説
F1発祥にして本拠の地、シルバーストン・サーキットで開催されるF1第10戦イギリスGPでは3つの中団チームが意欲的なアップグレードを投入する見通しだ。ミッドフィ

FIA、F1ポーパシング制限の指標を決定…フランスGPより適用へ

F1を統括する国際自動車連盟(FIA)は第10戦イギリスGPを前に、過度なポーパシングを取り締まるための指標を決定すると共に、ポール・リカール・サーキット …

FIA、F1ポーパシング制限の指標を決定…フランスGPより適用へ | Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説
F1を統括する国際自動車連盟(FIA)は第10戦イギリスGPを前に、過度なポーパシングを取り締まるための指標を決定すると共に、ポール・リカール・サーキットで開催

ミック・シューマッハ、ハースF1残留には“残り4レース”が正念場 – F1-Gate.com

ミック・シューマッハが、ハースF1チームとの2023年の交渉で良いポジションにつくためには“残り4レース”でポイントを獲得できるかが鍵を握るとBildが報じて …

ミック・シューマッハ、ハースF1残留には“残り4レース”が正念場
ミック・シューマッハが、ハースF1チームとの2023年の交渉で良いポジションにつくためには“残り4レース”でポイントを獲得できるかが鍵を握るとBildが報じている。F1での2年目のシーズンをハースF1チームとともに迎えているミック・シューマッハだが、まだF1キャリアでポイントを獲得できておらず、デビューからノーポイント...

メルセデスF1首脳 「イギリスグランプリで優勝したら絶対に泣く」 – F1-Gate.com

メルセデスF1の最高技術責任者を務めるジェイムズ・アリソンは、今週末のF1イギリスグランプリでチームが優勝したら「絶対に泣くだろう」と語りつつも、期待 …

メルセデスF1首脳 「イギリスグランプリで優勝したら絶対に泣く」
メルセデスF1の最高技術責任者を務めるジェイムズ・アリソンは、今週末のF1イギリスグランプリでチームが優勝したら「絶対に泣くだろう」と語りつつも、期待できる最高の結果は「快方に向かっている車での成功する見込みを示すこと」だと認める。W13がグラウンドエフェクト効果の副産物であるバウンシングに悩まされているメルセデスF1...

F1:燃料温度やエンジン交換などのレギュレーションを変更 – F1-Gate.com

これにより、F1チームは、新品もしくはアップデート版エンジン交換でより戦術的なグリッドペナルティを受けることが可能となる。 また、新しいF1パワーユニット …

F1:燃料温度やエンジン交換などのレギュレーションを変更
FIA(国際自動車連盟)は、最新の世界モータースポーツ評議会の会議の詳細を公開。この会議では、燃料温度とエンジン交換に関するレギュレーションなど、いくつかのアップデートが最終決定された。注意すべきは、パワーユニットの変更について、F1チームはパルクフェルメ状態でアップグレードされた仕様のエンジンに交換することが許可され...

レッドブルF1代表 「インフレは不可抗力だがポーパシングは自傷行為」 – F1-Gate.com

レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ポーパシングに苦しんでいるチームを助けるための変更には反対しながら、予算上限 …

レッドブルF1代表 「インフレは不可抗力だがポーパシングは自傷行為」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ポーパシングに苦しんでいるチームを助けるための変更には反対しながら、予算上限の調整を求めていることは“偽善的”ではなく、2つは異なる状況だと語った。クリスチャン・ホーナーは、2022年の予算上限を引き上げについてF1パドックで最も声高に発言している...

F1イギリスGP、サインツJr.にとって重要な1戦に? 「自分の進歩を測る良い指標になる」

F1第10戦イギリスGPが今週末行なわれるが、フェラーリのカルロス・サインツJr.はこのレースがフェラーリの今季型F1マシンでの走りを考える上で、良い指標と …

F1イギリスGP、サインツJr.にとって重要な1戦に? 「自分の進歩を測る良い指標になる」
カルロス・サインツJr.はF1イギリスGPが、フェラーリ・F1-75をどれだけ快適に感じられているかという点で、良い指標になるだろうと考えている。
タイトルとURLをコピーしました