【タイム結果】F1第10戦イギリスGPフリー走行2回目 – autosport web

【タイム結果】F1第10戦イギリスGPフリー走行2回目 – autosport web

2022年F1第10戦イギリスGPのフリー走行2回目が行われ、カルロス・サインツ(フェラーリ)がトップタイムをマークした。2番手はルイス・ …

【タイム結果】F1第10戦イギリスGPフリー走行2回目 | F1 | autosport web
 2022年F1第10戦イギリスGPのフリー走行2回目が行われ、カルロス・サインツ(フェラーリ)がトップタイムをマークした。2番手はルイス・ハミルトン(メルセデス)、3番手はランド・ノリス(マクラーレン)となっている。アルファタウリの角田裕毅は16番手だった。 ■2022年F1第10戦イギリスGPフリー走行2回目 リザ...

F1メカ解説|多くのチームがアップデート投入。その新しい姿をクローズアップ:イギリスGP …

多くのチームがアップデートパーツを投入しているF1イギリスGP。シルバーストンのピットレーンから届いたメカ写真を一挙お届け。

F1メカ解説|多くのチームがアップデート投入。その新しい姿をクローズアップ:イギリスGPピットレーン直送便
多くのチームがアップデートパーツを投入しているF1イギリスGP。シルバーストンのピットレーンから届いたメカ写真を一挙お届け。

乱れる並び…最速サインツに迫るハミルトン「一歩前進」とメルセデス、角田裕毅は苦戦 / F1 …

2022年F1第10戦イギリスGP金曜2回目のフリー走行が現地7月1日にシルバーストン・サーキットで開催され、カルロス・サインツ(フェラーリ)が1分28秒942.

乱れる並び…最速サインツに迫るハミルトン「一歩前進」とメルセデス、角田裕毅は苦戦 / F1イギリスGP《FP2》結果とダイジェスト | Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説
2022年F1第10戦イギリスGP金曜2回目のフリー走行が現地7月1日にシルバーストン・サーキットで開催され、カルロス・サインツ(フェラーリ)が1分28秒942

FIAの”ポーパシング抑制”はF1フランスGPからスタートへ。2本目のステーは許可されず – Motorsport

FIAは、現代F1マシンのポーパシング抑制に動き出しており、F1第12戦フランスGPから本格的に取り締りをスタートする予定だ。 モーターレーシングの統括団体で …

FIAの”ポーパシング抑制”はF1フランスGPからスタートへ。2本目のステーは許可されず
FIAは、ドライバー達からの安全性を懸念する声に応え、ポーパシング抑制に動き出したが、第12戦フランスGPから本格的な取り締まりがスタートするようだ。

F1イギリスGP FP2 速報:カルロス・サインツがトップタイム 角田裕毅は16番手

F1イギリスGP FP2の結果速報。2022年F1第10戦 イギリスグランプリのフリー走行2回目が行われ、カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)がトップ …

F1イギリスGP FP2 速報:カルロス・サインツがトップタイム 角田裕毅は16番手
F1イギリスGP FP2の結果速報。2022年F1第10戦 イギリスグランプリのフリー走行2回目が行われ、カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)がトップタイムを記録した。フリー走行2回目はドライコンディションで行われ、カルロス・サインツJr.が1分28秒942でトップタイムをマーク。2番手には0.163秒...

フェラーリF1のカルロス・サインツJr.が安定した走りで初日最速 – F1-Gate.com

2022年F1第10戦イギリスグランプリのフリー走行2回目が7月1日(金)にシルバーストン・サーキットで行われ、カルロス・サインツJr.(スクーデリア・ …

フェラーリF1のカルロス・サインツJr.が安定した走りで初日最速 アップデート投入のハミルトンが復調2番手 / F1イギリスGP フリー走行2回目
2022年F1第10戦イギリスグランプリのフリー走行2回目が7月1日(金)にシルバーストン・サーキットで行われ、カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)がトップタイムを記録した。雨の影響を受けたフリー走行1回目の後、トラックは完全に乾いた。今週末にメジャーアップデートを導入したメルsデスF1のようなチームは...

2022年 F1イギリスGP フリー走行2回目:順位結果 – F1-Gate.com

角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は16番手で初日のセッションを終えた。 2022年 F1イギリスGP FP2 結果・タイム 1.カルロス・サインツ(フェラーリ) …

2022年 F1イギリスGP フリー走行2回目:順位結果
2022年F1第10戦イギルスGP フリー走行2回目の順位結果。2022年のF1世界選手権 第10戦 F1イギリスGPのフリー走行2回目が7月1日(金)にシルバーストン・サーキットで行われ、カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)がトップタイムをマーク。角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は16番手で初...

2022年 F1イギリスGP フリー走行1回目:順位結果 – F1-Gate.com

2022年のF1世界選手権 第10戦 F1イギリスGPのフリー走行1回目が7月1日(金)にシルバーストン・サーキットで行われた。雨が降りウェットコンディションとなった …

2022年 F1イギリスGP フリー走行1回目:順位結果
2022年F1第10戦イギルスGP フリー走行1回目の順位結果。2022年のF1世界選手権 第10戦 F1イギリスGPのフリー走行1回目が7月1日(金)にシルバーストン・サーキットで行われた。雨が降りウェットコンディションとなったことで10台しかタイムを記録せず、バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)がインターミディエイ...

F1王者デイモン・ヒル、ネルソン・ピケの差別発言を「常識から外れている」と問題視 – Motorsport

F1イギリスGPを前にF1王者経験者のネルソン・ピケが過去にルイス・ハミルトン(メルセデス)に”Nワード”を用いていたことが判明し、大きな波紋を呼んでいる …

F1王者デイモン・ヒル、ネルソン・ピケの差別発言を「常識から外れている」と問題視
1996年のF1王者であるデイモン・ヒルは、同じくF1王者のネルソン・ピケによるルイス・ハミルトンに対する人種差別的な発言について、「常識を外れている」と語り、謝罪と対策が必要だとした。

フェルスタッペン、ピケ発言は「本当に不快」一方でF1パドック追放は問題解決に繋がらないと指摘

2021年5月23日、F1モナコGPで優勝を飾り、ガールフレンドのケリー・ピケに祝福されるレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン.

フェルスタッペン、ピケ発言は「本当に不快」一方でF1パドック追放は問題解決に繋がらないと指摘 | Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、ルイス・ハミルトンに対する「本当に不快」な発言を非難する一方、ネルソン・ピケは決して人種差別主義者ではないと主張し、
タイトルとURLをコピーしました