頼むから日本でも売って! 北米で乗ったマツダ「CX-50」はカッコいいルックスだけ で買いの1台

頼むから日本でも売って! 北米で乗ったマツダ「CX-50」はカッコいいルックスだけで買いの1台

「なんてカッコいいんだ!」。目の前にたたずむマツダ「CX-50」をひと目見て、素直にそう思った。

頼むから日本でも売って! 北米で乗ったマツダ「CX-50」はカッコいいルックスだけで買いの1台(VAGUE) - Yahoo!ニュース
「なんてカッコいいんだ!」。目の前にたたずむマツダ「CX-50」をひと目見て、素直にそう思った。

マツダ、「CX-60」の予約受注を開始 – パワートレインは4種類 | マイナビニュース

マツダは6月24日、新型クロスオーバーSUV「CX-60」の予約受注を開始した。販売開始は2022年9月を予定している。

マツダ、「CX-60」の予約受注を開始 - パワートレインは4種類
マツダは6月24日、新型クロスオーバーSUV「CX-60」の予約受注を開始した。販売開始は2022年9月を予定している。

MAZDA NEWSROOM人事異動|ニュースリリース

マツダ株式会社は2022年7月1日付で下記の通り人事異動を行います。 記. 部長職以上. 新, 旧, 氏 名. グローバル監査部長, グローバル監査部 …

人事異動
マツダ株式会社は2022年7月1日付で下記の通り人事異動を行います。記部長職以上新旧氏 名グローバル監査部長グローバル監査部主幹八島  秀一 グローバル監査部シニアエキスパートグローバル監査部長浅田  芳行 車両

マツダ マツダ2(デミオ)・クラス超えの実力ぶりが光る、走り自慢のコンパクトカー【国産車 …

【プロフィール】2019年にモデルネームを「マツダ2」に変更. 2014年に登場したコンパクトハッチバック。日本国内では「デミオ」として発売されていた …

マツダ マツダ2(デミオ)・クラス超えの実力ぶりが光る、走り自慢のコンパクトカー【国産車カタログ】
【プロフィール】2019年にモデルネームを「マツダ2」に変更 2014年に登場したコンパクトハッチバック。日本国内では「デミオ」として発売されていたが、2019年7月の一部改良時に、世界基準のグローバルネーム「マツダ2」に変更されている。

MAZDA ROADSTER 990S/マツダ・ロードスター990S – YouTube

「ロードスター990S」は、軽量化が図られた特別なロードスター。専用のホイールやサスペンションが備わり、ブルーのアクセントカラーでドレスアップされて …

MAZDA ROADSTER 990S/マツダ・ロードスター990S
「ロードスター990S」は、軽量化が図られた特別なロードスター。専用のホイールやサスペンションが備わり、ブルーのアクセントカラーでドレスアップされている。The Roadster 990S is a special lightweight roadster. It has special wheels and s...

マツダ、「CX-60」の予約受注を開始 – パワートレインは4種類 (2022年7月2日) – エキサイト

マツダは6月24日、新型クロスオーバーSUV「CX-60」の予約受注を開始した。販売開始は2022年9月を予定している。新世代ラージ商品群第1弾であるCX-60は、現代 …

マツダ、「CX-60」の予約受注を開始 - パワートレインは4種類 (2022年7月2日) - エキサイトニュース
マツダは6月24日、新型クロスオーバーSUV「CX-60」の予約受注を開始した。販売開始は2022年9月を予定している。新世代ラージ商品群第1弾であるCX-60は、現代のクルマに求められる高い安全性能...

マツダ、「つながる車」関連サービス一部有料化 – 日本経済新聞

マツダは30日、「つながる車」(コネクテッドカー)向けサービスについて、遠隔での車両管理やエンジン起動などで有料プランを導入すると発表した。

マツダ、「つながる車」関連サービス一部有料化
マツダは30日、「つながる車」(コネクテッドカー)向けサービスについて、遠隔での車両管理やエンジン起動などで有料プランを導入すると発表した。料金は毎月220~330円程度。2019年から無料で提供していたが、利用者が増えたため、将来の収益化を見据え一部の料金体系を見直す。運転者の安全につながる緊急通報などの機能は、無料...

マツダ、2023年度の技能系新卒採用を23.5%増加 – 日刊自動車新聞 電子版

マツダは30日、技能系の採用計画を発表した。23年度の新卒定期採用者数は前年比23・5%増の321人、22年度の中途採用者数は同28・0%増 …

マツダ、2023年度の技能系新卒採用を23.5%増加|自動車メーカー|紙面記事
マツダは30日、技能系の採用計画を発表した。23年度の新卒定期採用者数は前年比23・5%増の321人、22年度の中途採用者数は同28・0%増の169人を計画する。技術系や事務系を加えた合計は、新卒が…

マツダ、デジタル関連の中途採用 今年度50人 – 日本経済新聞

マツダは30日、2022年度に実施する中途採用のうちデジタルやIT(情報技術)に関する人材を50人ほど獲得する計画を明らかにした。20年度の採用実績に比べて5 …

マツダ、デジタル関連の中途採用 今年度50人
マツダは30日、2022年度に実施する中途採用のうちデジタルやIT(情報技術)に関する人材を50人ほど獲得する計画を明らかにした。20年度の採用実績に比べて5倍の水準となる。23年4月入社の新卒採用では専門コースを設ける。デジタル人材の採用を増やし、コネクテッド車(つながる車)のサービスや技術開発を強化する。22年度中...

マツダ、つながる車データ EV開発に活用 – 日本経済新聞

マツダはコネクテッド車(つながる車)からのデータを活用した電気自動車(EV)開発の効率化に取り組む。電池が劣化しやすい使用環境を分析して開発に生かす …

マツダ、つながる車データ EV開発に活用
マツダはコネクテッド車(つながる車)からのデータを活用した電気自動車(EV)開発の効率化に取り組む。電池が劣化しやすい使用環境を分析して開発に生かすほか、劣化を防ぐ使い方を把握できるようにする。コネクテッドサービスの一部機能を10年間無料とすることで、多くのユーザーからデータを集める体制を構築し、次世代モデルの品質を高...
タイトルとURLをコピーしました