【角田裕毅F1第10戦密着】ガスリーより速いペースで走行。イン側に飛び込むも接触 &スピン …

【角田裕毅F1第10戦密着】ガスリーより速いペースで走行。イン側に飛び込むも接触&スピン …

今年のF1イギリスGPは、スタート直後に多重クラッシュが発生。角田裕毅(アルファタウリ)もその多重クラッシュに巻き込まれたひとりだった。

【角田裕毅F1第10戦密着】ガスリーより速いペースで走行。イン側に飛び込むも接触&スピン「ほとんど僕に責任がある」 | F1 | autosport web
 今年のF1イギリスGPは、スタート直後に多重クラッシュが発生。角田裕毅(アルファタウリ)もその多重クラッシュに巻き込まれたひとりだった。 「あまりスタートがよくなくて、そのあと前方で混乱があったと思ったら、1コーナーでいきなり目の前にクルマが横向きになって現れて、どうすることもできなかったです。ある意味、フロントウイ...

【動画】 2022年 F1イギリスGP 決勝 ハイライト – F1-Gate.com

2022年 F1イギリスGP 決勝のハイライト動画。7月2日(土)にシルバーストン・サーキットで2022年F1第10戦イギリスグランプリの決勝レースが行われた。

【動画】 2022年 F1イギリスGP 決勝 ハイライト
2022年 F1イギリスGP 決勝のハイライト動画。7月2日(土)にシルバーストン・サーキットで2022年F1第10戦イギリスグランプリの決勝レースが行われた。優勝はカルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)。ポールポジションからスタートしたサインツは、一時はペースが落ちて勝利のチャンスが零れ落ちたかに見えた...

F1分析|決勝で一番速かったのはハミルトン! フェラーリの戦略判断を苦しめた? – Motorsport

フェラーリのカルロス・サインツJr.が自身初の優勝を手にしたF1イギリスGP。しかしレース中のペースを見ると、最も強い戦い方をしたのはメルセデスの …

F1分析|イギリスGP決勝で一番速かったのはハミルトン! フェラーリの戦略判断を苦しめた?
フェラーリのカルロス・サインツJr.が自身初の優勝を手にしたF1イギリスGP。しかしレース中のペースを見ると、最も強い戦い方をしたのはメルセデスのルイス・ハミルトンだったように思える。

2022年F1第10戦イギリスGP決勝トップ10ドライバーコメント(2) – autosport web

2022年F1第10戦イギリスGP決勝レースで優勝〜5位のドライバーが日曜日を振り返った。優勝〜5位のドライバーはカルロス・サインツ(フェラーリ)、セルジオ・ …

2022年F1第10戦イギリスGP決勝トップ10ドライバーコメント(2) | F1 | autosport web
 2022年F1第10戦イギリスGP決勝レースで優勝〜5位のドライバーが日曜日を振り返った。優勝〜5位のドライバーはカルロス・サインツ(フェラーリ)、セルジオ・ペレス(レッドブル)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)だ。 ■BWTアルピーヌF1チー...

F1第10戦イギリスGP決勝:20人のドライバーの『持ちタイヤ』 – autosport web

2022年F1第10戦イギリスGPは7月3日(日)の23時にスタート。レースに向けて、ピレリが各ドライバーが残しているタイヤのコンパウンドとセット数を発表した。

F1第10戦イギリスGP決勝:20人のドライバーの『持ちタイヤ』 | F1 | autosport web
 2022年F1第10戦イギリスGPは7月3日(日)の23時にスタート。レースに向けて、ピレリが各ドライバーが残しているタイヤのコンパウンドとセット数を発表した。

ペレスが最後尾から2位「カート時代を思い出すようなバトル。心拍数が上がったけど楽しかった!」

2022年F1イギリスGP決勝で、レッドブルのセルジオ・ペレスは2位を獲得した。 最初のスタートではポジションを落としたが、赤旗後の2回目のスタートでは …

ペレスが最後尾から2位「カート時代を思い出すようなバトル。心拍数が上がったけど楽しかった!」/F1第10戦 | F1 | autosport web
 2022年F1イギリスGP決勝で、レッドブルのセルジオ・ペレスは2位を獲得した。 最初のスタートではポジションを落としたが、赤旗後の2回目のスタートではポジションを維持。しかしシャルル・ルクレール(フェラーリ)とのバトルで接触があり、ペレスはフロントウイングがダメージを負ったため、5周目にウイングとタイヤを交換、最後...

2022年F1イギリスGP決勝後ポイントランキング:初優勝サインツが4位に浮上

FIA-F1世界選手権第10戦イギリスGPの決勝レースが2022年7月3日に行われ、カルロス・サインツ(フェラーリ)が初優勝を飾った。2位にはセルジオ・ペレス(

2022年F1イギリスGP決勝後ポイントランキング:初優勝サインツが4位に浮上、ペレスはフェルスタッペンとの差を縮める | Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説
FIA-F1世界選手権第10戦イギリスGPの決勝レースが2022年7月3日に行われ、カルロス・サインツ(フェラーリ)が初優勝を飾った。2位にはセルジオ・ペレス(

フェルスタッペン、フロア破損で優勝争いから脱落「レーシングライン上にデブリが落ちていた …

2022年F1イギリスGP決勝で、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは7位でフィニッシュした。 2番グリッドのフェルスタッペンは、ソフトタイヤを選び、 …

フェルスタッペン、フロア破損で優勝争いから脱落「レーシングライン上にデブリが落ちていた。本当に不運」/F1第10戦 | F1 | autosport web
 2022年F1イギリスGP決勝で、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは7位でフィニッシュした。 2番グリッドのフェルスタッペンは、ソフトタイヤを選び、スタート直後にトップに立つことに成功したが、直後に多重クラッシュが起きたためレースは赤旗中断に。リスタートには元のグリッドが採用され、再び2番手からのスタートになっ...

F1イギリスGP決勝速報:カルロス・サインツJr.、歓喜のF1初優勝! 角田裕毅は14位 – Motorsport

F1第10戦イギリスGPの決勝レースが行なわれ、フェラーリのカルロス・サインツJr.がF1キャリア初優勝を挙げた。 スタート直後の多重クラッシュで、いきなり …

F1イギリスGP決勝速報:カルロス・サインツJr.、歓喜のF1初優勝! 角田裕毅は14位
F1第10戦イギリスGPは、フェラーリのカルロス・サインツJr.が初優勝を挙げた。アルファタウリの角田裕毅は14位に終わった。

F1メカ解説|リヤウイングのたわみテストが厳格化。ルール変更で何が変わった? – Yahoo!ニュース

F1第10戦イギリスGPを前に、FIA世界モータースポーツ評議会(WMSC)が開かれ、そこでレギュレーションの変更が承認された。 これにより、いくつかのルール微 …

F1メカ解説|リヤウイングのたわみテストが厳格化。ルール変更で何が変わった?(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 F1第10戦イギリスGPを前に、FIA世界モータースポーツ評議会(WMSC)が開かれ、そこでレギュレーションの変更が承認された。  これにより、いくつかのルール微調整が即時有効となった。最も興味
タイトルとURLをコピーしました