スバル、安全性能でシニアも開拓 「レヴォーグ」

スバル、安全性能でシニアも開拓 「レヴォーグ」

SUBARU(スバル)が2020年末に発売した新型「レヴォーグ」の販売が好調だ。日本自動車販売協会連合会によると21年1~3月の国内販売は約1万3 …

スバル、安全性能でシニアも開拓 新型「レヴォーグ」
SUBARU(スバル)が2020年末に発売した新型「レヴォーグ」の販売が好調だ。日本自動車販売協会連合会によると21年1~3月の国内販売は約1万3千台と、わずか3カ月で20年の累計実績を上回った。「最新技術を結集した」と言い切る力作で、既存のファンに加えて安全性を重視する顧客層などの取り込みに成功している。どう進化した...

クルマ作りでトヨタ化しない。妥協しない「スバルらしさ」の追求戦略

SUBARU(スバル)が、個性ある車作りの質を一段と高める取り組みを進めている。自動車の世界販売が頭打ちになる中、同社は米国販売の好調 …

クルマ作りでトヨタ化しない。妥協しない「スバルらしさ」の追求戦略|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、クルマ作りでトヨタ化しない。妥協しない「スバルらしさ」の追求戦略のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲ったスバル「レヴォーグ」は実際どう? 乗り味とディテールを …

今回取り上げるのは、発売以来大人気で、ステーションワゴンの希望の星となっているスバル・レヴォーグ。2代目はどうだ? ※こちらは「GetNavi」 …

日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲ったスバル「レヴォーグ」は実際どう? 乗り味とディテールを徹底チェック! | GetNavi web ゲットナビ
ベテラン自動車ライターの永福ランプとフリーエディターの安ドが、深いような浅いようなクルマ談義をする「クルマの神は細部に宿る。」。今回取り上げるのは、発売以来大人気で、ステーションワゴンの希望の星となっているスバル・レヴォーグ。2代目はどうだ?※こちらは「GetNavi」 2021年5月号に掲載された...

スバルも中古で月額定額制に参入! これからのクルマはサブスクが主流になるのか?

… スタートさせたあと、ホンダが中古車で「HONDAマンスリーオーナー」というサブスクを導入しているが、今年3月26日にはスバルも中古車で参入 …

スバルも中古で月額定額制に参入! これからのクルマはサブスクが主流になるのか?(ベストカーWeb) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
 購入するのではなく定期的に料金を支払うことで、商品などを利用できる「サブスクリプション」。“サブスク”とも略されるこの定額制サービスは近年、自動車業界にも広がっている。 自動車メーカーでは、トヨタが新車で「KINTO」をスタートさせたあと...

【車から取り外した純正シートを室内で使える!】マルチキャスターPRO ヤリス/GRヤリス …

好評発売中のトヨタ86/スバルBRZタイプ、スバルWRXタイプに続く、純正シート用キャスター第3弾となる製品です。 使用例 【本製品の特長】

【車から取り外した純正シートを室内で使える!】マルチキャスターPRO ヤリス/GRヤリス タイプ発売:時事ドットコム
[ブリッド株式会社]純正シート用キャスターベースキット第3弾、5月10日より発売ブリッド株式会社(愛知県東海市、代表取締役社長:高瀬嶺生)は、スポーツシートに交換した際に車両から取り外した純正シートを取り付けるためのアタッチメント製品として、「マルチキャスターPRO・ヤリス/GRヤリスタイプ」を、5月10日より発売しま...

日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲ったスバル「レヴォーグ」は実際どう? 乗り味とディテールを …

永福ランプを慕い「殿」と呼んでいる。 【今月のGODカー】スバル/レヴォーグ. SPEC【STIスポーツEX】○全長×全幅×全高: …

https://news.nicovideo.jp/watch/nw9317443

GR 86 / BRZ レース開催、そして次期ワンメイクはどうなる?…関係者が語った

また、先日新型トヨタ『GR 86』&スバル『BRZ』が発表されたことを受けて、次期ワンメイクレースがどうなるのかを関係者に聞いた。

GR 86 / BRZ レース開催、そして次期ワンメイクはどうなる?…関係者が語った | レスポンス(Response.jp)
富士スピードウェイで8~9日、86/BRZレース第2戦をメインレースとした、2日間で8レースが行われるワンメイク祭りが行われた。
タイトルとURLをコピーしました