ダイハツ

ダイハツ

【ダイハツ タフト 600km試乗】日常の実用性はバッサリ、だけど遊びグルマとしてイ ケている

【ダイハツ タフト 600km試乗】日常の実用性はバッサリ、だけど遊びグルマとしてイケている ダイハツの軽クロスオーバーSUV『タフト』で600kmほどツーリングを行ってみたのでインプレッションをお届けする。 タフトは昨今日本でも ... ダイハツ「ラガー」が復活!? 4ドアの新型軽オフローダーを開発中か? 「DNGA」プラットフォーム採用. ダイハツが開発を進めていると噂されている、新型軽オフローダーに関する情報を入手、そのエクステリアを大予想 ... 埼玉...
ダイハツ

「タント」テコ入れが軽2位下落のダイハツを救う!? 首位奪還のスズキと差が付いた 訳

「タント」テコ入れが軽2位下落のダイハツを救う!? 首位奪還のスズキと差が付いた訳 ダイハツ「タント」がピンチ!? ところが直近の2021年1月から4月の販売累計を見ると順位が逆転。ダイハツは21万638台で ... N-VAN登場後も売れ筋は1BOX! 日本の誇り!! 軽バンは今後どうなる? N-VANと同じFFベースだったダイハツのハイゼットキャディーは今年3月末に販売が終了。現在は室内の広さで有利な1BOXタイプのエブリイや ... N-VAN登場後も売...
ダイハツ

大谷女房役にネットが注目「スズキさん、ありがとう」乱闘騒動で“救出”

大谷女房役にネットが注目「スズキさん、ありがとう」乱闘騒動で“救出” カート・スズキは日系3世の捕手で、37歳のベテラン。07年にアスレチックスでメジャー生活をスタートさせ、今季から所属するエンゼルスは5 ... 禍々しくも神々しい芸事 松尾スズキ『老人賭博』 松尾スズキは北九州市八幡西区の出身で、この地域の中心市街地は黒崎である。本作は「北九州の白崎」が舞台であるが、明らかに黒崎をモデルにし ... スズキ『バーグマン400』の燃費や足つき性は? おすすめポ...
ダイハツ

25年ぶり「ラガー」復活!? ダイハツ新型軽オフローダー、4ドアでジムニーに対抗

25年ぶり「ラガー」復活!? ダイハツ新型軽オフローダー、4ドアでジムニーに対抗 ダイハツが開発を進めていると噂されている、新型軽オフローダーに関する情報をスクープサイト「Spyder7」が入手した。そのエクステリアを大 ... ブームに埋もれなかった実力派! それでもダイハツ ミラ ジーノが“リストラ”の憂き目に遭った背景 ... それでもダイハツ ミラ ジーノが“リストラ”の憂き目に遭った背景【偉大な生産終了車】. 2021/05/30 11:02 ベストカーW...
ダイハツ

オートエクゼ、マツダ3用チューニングキットにセダン専用パーツを追加

オートエクゼ、マツダ3用チューニングキットにセダン専用パーツを追加 オートエクゼは、『マツダ3』用チューニングキット「AutoExe BP-06」にセダン専用パーツを追加設定、スタイリングキットとプレミアテール ... 【マツダ100周年社史編纂の記録/前編】記念すべき2020年に起こった未曾有の事態 世界中の人達が新型コロナウイルスの感染拡大による未曾有の事態を経験することになった2020年に、マツダは100周年を迎えた。広島への原爆投下 ... MZRac...
ダイハツ

「大逆転はここから始まる」トヨタがEVより"水素車"にこだわる本当の理由

「大逆転はここから始まる」トヨタがEVより"水素車"にこだわる本当の理由 自動車の電動化(EVシフト)が進んでいる。「EnergyShift」発行人の前田雄大さんは「トヨタをはじめとする日本勢が電動化で出遅れているとの見方 ... 人気の200万円級「コンパクトSUV」はどれが買いか トヨタ ライズとダイハツ「ロッキー」という2台の兄弟車。そしてトヨタ ヤリスクロスに日産 キックス、ホンダ ヴェゼル。そして「マツダ2」をベース ... トヨ...
ダイハツ

お気軽だけどマジで乗って楽しい! ドラテク磨きにぴったりなクルマ5選

お気軽だけどマジで乗って楽しい! ドラテク磨きにぴったりなクルマ5選 ダイハツ・ミラ(L275型) まずは軽自動車から。ターゲットとなるのは新規格NAだけのレース「東北660選手権」だ。始まった2011年はHA23型の ... 自動車技術会賞25件・72人を決定、マツダの「高効率ガソリンエンジン」など 技術開発賞」はホンダの「進化型CVT金属ベルトでの世界最高動力伝達効率の追究」、ダイハツ工業の「高板厚比 難板組みスポット溶接方法」、日産 ...
ダイハツ

25年ぶり「ラガー」復活!? ダイハツ新型軽オフローダー、4ドアでジムニーに対抗

25年ぶり「ラガー」復活!? ダイハツ新型軽オフローダー、4ドアでジムニーに対抗 ダイハツは2019年に、コンパクト・クロスオーバーSUVとして『ロッキー』を復活。2020年にはロッキーの前身である『タフト』の名も復活させており ... ダイハツ・トール|広い空間で家族も大満足!使い勝手も高レベル トヨタ・ルーミーの兄弟車であるダイハツ・トール。広い空間で家族使いにも持ってこい。その居住空間は快適そのものだ。人気を秘密を見てみよう ... ブームに埋もれなかっ...
ダイハツ

ハンドルに秘密あり! マツダ新型「MX-30自操車」はどうスゴい? 「R360クーペ」か ら59年目の …

ハンドルに秘密あり! マツダ新型「MX-30自操車」はどうスゴい? 「R360クーペ」から59年目の ... マツダの自操車? 切り替え可能な福祉車両とは. オンライン開催となった「人とくるまのテクノロジー展2021」にてマツダは、「MX ... マツダ4月の国内生産 昨年同時期の5.4倍 コロナ生産調整の反動 4月のマツダの国内生産台数は6万3570台で、去年の同じ月に比べ5.4倍に増えました。 新型コロナの影響で去年この時期、国内工場の生産台数 ... マ...
ダイハツ

スズキ・ハスラーやスペーシアのハイブリッドが「あんまりオトクじゃない」ワケ

スズキ・ハスラーやスペーシアのハイブリッドが「あんまりオトクじゃない」ワケ 軽乗用車の市場でスズキが強く、ダイハツが弱い背景には、複数の理由がある。 まずスズキの好材料は、スペーシアとハスラーの順調な売れ行きだ。 スズキ、農業用無人運搬トラックへの取り組み「人とくるまのテクノロジー展 2021 オンライン ... スズキは、5月26日~7月30日の期間にオンライン開催される「人とくるまのテクノロジー展 2021 オンライン」へ出展。軽トラックの「キャリイ」を ......
タイトルとURLをコピーしました