スズキ

スズキに関する情報を集めたカテゴリー

スズキ

「スズキがたったの5億円?」移籍濃厚のSTVV鈴木優磨の売却価格が安すぎる!? ベ ルギー …

「スズキがたったの5億円?」移籍濃厚のSTVV鈴木優磨の売却価格が安すぎる!? ベルギー ... シント=トロイデン(STVV)に所属する鈴木優磨は、ベルギーでの2年目を34試合出場、17ゴール・4アシストという成績で終えた。 スズキ「ジムニー」をなぜEV化? クロカンEVで南極点目指す壮大な計画とは EVといえばスマートな印象がありますが、それと対象的なクロカン四駆のスズキ「ジムニー」をEV化した事例があるといいます。どのようなモデル ... カワサキ、モト...
スズキ

スズキ スイフトスポーツ 次期型はハイブリッド化!? 新プラットフォーム採用で価 格はどうなる?

スズキ スイフトスポーツ 次期型はハイブリッド化!? 新プラットフォーム採用で価格はどうなる? スズキは2020年に海外向け「スイフト スポーツハイブリッド」を発表している。これは1.4リットル直列4気筒ターボエンジンにISG 48Vマイルド ... 【Stay Home Books】本格的な軽四駆、スズキジムニーがわかる決定版 スズキ ジムニー』 日本が世界に誇る 唯一無二のコンパクト4WD 著者:当摩節夫 自動車史料保存委員会発行:三樹書房定価:3850円 ...
スズキ

スズキ、年初来安値更新 インドで生産停止を嫌気

スズキ、年初来安値更新 インドで生産停止を嫌気 4月30日の東京株式市場でスズキ株が続落し、一時、前営業日比168円(4%)安い4136円を付け、年初来安値を更新した。新型コロナウイルスの感染 ... スズキ・スイフトスポーツ進化論 その③ さすがスズキ! と言わしめる圧縮比9.9/ブースト圧1.0kg ... スイスポエンジン論① 1400cc+ターボエンジンのお味は?【連載|スズキ・スイフトスポーツを愛しすぎた加茂からのラブレター③】 スズキ・ ... ...
スズキ

スズキ、オープンスポーツEV『ミサノ』提案…四輪車と二輪車を融合

スズキ、オープンスポーツEV『ミサノ』提案…四輪車と二輪車を融合 スズキは4月29日、IED(ヨーロッパデザイン学院)と共同開発したオープンスポーツEVコンセプト、『ミサノ』(Suzuki Misano)をイタリアで発表 ... 医療崩壊危機のインド、酸素不足でスズキの現地工場も一時停止[新聞ウォッチ] また、インド市場が生命線のスズキでも、現地法人の子会社のマルチ・スズキが北部ハリヤナ州のグルガオン工場とマネサール工場での生産を5月1日 ... スズキ「ジム...
スズキ

スズキの軽ハイトワゴン「スペーシア」が国内累計販売台数100万台を達成! 2013年3 月の初代 …

スズキの軽ハイトワゴン「スペーシア」が国内累計販売台数100万台を達成! 2013年3月の初代 ... スズキの軽ハイトワゴン「スペーシア」が国内累計販売台数100万台を達成! 2013年3月の初代発売から8年2カ月で到達. 2021/04/06. MotorFan ... スズキの名車ジムニーはなぜ多数の「信者」を獲得したのか? 北米には、カルト的な人気を誇り、熱狂的な“信者”を抱える「カルトブランド」という概念が存在する。そして、カルトブランドを目指す .....
スズキ

スズキが新型「GSX-S1000」を2021年6月に発売 よりスポーティーかつ乗りやすいバイ クに進化

スズキが新型「GSX-S1000」を2021年6月に発売 よりスポーティーかつ乗りやすいバイクに進化 スズキは2021年4月26日、ネイキッドタイプの大型二輪モデル「GSX-S1000」に全面改良を施し、同年6月より欧州を始め世界各国で順次販売を開始 ... スズキ、新型『GSX-S1000』発表。性能の高さを継承しつつ、アグレッシブなデザインを採用 スズキは4月26日、ストリートバイクの『GSX-S1000』を全面改良し、6月より欧州をはじめとする世界各国で順...
スズキ

スズキ、ストリートバイク新型「GSX-S1000」世界初公開 最高出力112kWに向上

スズキ、ストリートバイク新型「GSX-S1000」世界初公開 最高出力112kWに向上 スズキ・インテリジェント・ライド・システム)を新たに搭載することで、より扱いやすさとスポーティーなライディングを両立できるストリート ... スズキ「シン・ハヤブサ」エンジン完全解説【数十万km楽しめるよう、内部パーツをほぼ全面刷新】 POP吉村も唸る”過剰品質”を想起させる、入念な造り込み新型ハヤブサは、1340ccの排気量ほか基本構成は先代と同一ながら、内部パーツを検討し...
スズキ

スズキ「シン・ハヤブサ」エレクトロニクス完全解説【電子制御スロットル&6軸IM Uで全身電脳化】

スズキ「シン・ハヤブサ」エレクトロニクス完全解説【電子制御スロットル&6軸IMUで全身電脳化】 先代が搭載したスズキドライブモードセレクターの超進化版で、新採用された電制スロットル+6軸IMU(慣性センサー)により、多彩な電脳を統合制御 ... 【開発者インタビュー】スズキ新型「ハヤブサ」誕生の舞台裏 【開発者インタビュー】スズキ新型「ハヤブサ」誕生の舞台裏. 2021/04/24 19:30 webオートバイ. 1/5. 【車両展示】スズキのMotoGPマシ...
スズキ

隼の誇りはそのままに……スズキ新型「ハヤブサ」日本公道最速インプレッション !!

隼の誇りはそのままに……スズキ新型「ハヤブサ」日本公道最速インプレッション!! 日本では2017年モデルを最後にラインアップから消えていたスズキ・ハヤブサが、3代目に生まれ変わり、いよいよデリバリーが開始される。日本の ... 内燃機関超基礎講座 | スズキの「S-エネチャージ」は「ENE-CHARGE」と何が違う? オルタネーターの無駄な連れ回りを極力排し、減速時には回生する「ENE-CHARGE(エネチャージ)」に対して、スズキがさらに機能を進化させたの ....
スズキ

スズキ新工場稼働で問われるインド事業の難題

スズキ新工場稼働で問われるインド事業の難題 年間生産能力は25万台で、これで3工場合計の生産能力は75万台となる。販売シェア50%を誇るスズキは、グジャラート以外にインド国内にマルチ・ ... 「ACC使用禁止」スズキ スイフト、プログラム不具合で追突のおそれ スズキは4月22日、『スイフト』(MT車)について、アダプティブクルーズコントロール(ACC)使用時に先行車と衝突するおそれがあるとして、 ... ベルギーメディアが鈴木優磨のステップアップを予見「スズ...
タイトルとURLをコピーしました